Gucci
presents new campaign "Gucci Prêt-À-Porter"

ファッション神話を今一度、Gucci (グッチ) 2019年秋冬コレクションキャンペーンが公開

© Gucci

Gucci presents new campaign "Gucci Prêt-À-Porter"
Gucci presents new campaign "Gucci Prêt-À-Porter"
News/

ファッション神話を今一度、Gucci (グッチ) 2019年秋冬コレクションキャンペーンが公開

Gucci
presents new campaign "Gucci Prêt-À-Porter"

キャンペーンフィルムでは、アトリエ、デザインやクリエイションのプロセス、ランウェイ、ファッション誌のプレスを通し、記事として宣伝するプロセスをファッションストーリーとして描いている。

Gucci (グッチ) が2019年秋冬コレクションの広告キャンペーンを公開した。撮影と監督は、Glen Luchford (グレン・ルッチフォード)。アートディレクションは Christopher Simmonds (クリストファー・シモンズ) が手がけている。キャンペーンフィルムには、Miles Davis (マイルス・デイヴィス) のスローナンバーが流れている。

Alessandro Michele (アレッサンドロ・ミケーレ) がクリエイティブディレクションを手がけた本キャンペーンでは、ファッションの神話を今一度再現。「服をつくる」ということを再びファッションストーリーの主役にしたいという思いからキャンペーンフィルムはコレクションを製作し発表するまでのビハインド ザ シーンのような映像に仕上げられている。キャンペーンビジュアルもまた、センセーショナルなキャッチコピーとスカート丈のトレンド、斬新なカラーやファブリックがファッション誌の表紙を飾っていた30年前のように、ファッションを主役としたイメージになっている。

本キャンペーンでは、大胆なビジュアル表現により製品がステージの中心にあることを示唆。Gucci の類まれなクラフツマンシップの記憶をたたえながら、無形のものがファッションへと進化するプロセスを描くことで、Alessandro Michele はあ服の真のストーリーは着る人によって語られるべきだということを表現しているという。

share