La Maison Favart

La Maison Favart | ラ・メゾン・ファヴァール

La Maison Favart
La Maison Favart
News/

La Maison Favart | ラ・メゾン・ファヴァール

La Maison Favart

世界は芝居のステージ。ホテルには特にあてはまる言葉です。どちらにも背景となるセットがあり、俳優と小道具があり、それらが一体となって観客を魅了します。ファッショナブルで心から満足させてくれてリラックスできるーこれはコメディやミュージカル、ドラマと同じホスピタリティです。もちろんみせかけやポーズもありますが、うまく作られていれば実に美しく感じられるもの。そしてホテル、「ラ・メゾン・ファヴァール(La Maison Favart)」ではすべてが実によくできているのです。

提供: Tablet Hotels

世界は芝居のステージ。ホテルには特にあてはまる言葉です。どちらにも背景となるセットがあり、俳優と小道具があり、それらが一体となって観客を魅了します。ファッショナブルで心から満足させてくれてリラックスできるーこれはコメディやミュージカル、ドラマと同じホスピタリティです。もちろんみせかけやポーズもありますが、うまく作られていれば実に美しく感じられるもの。そしてホテル、「ラ・メゾン・ファヴァール(La Maison Favart)」ではすべてが実によくできているのです。

ホテルが建っているのは国立オペラ=コミック座の近く。ホテルの名前も劇作家でオペラ=コミック座の初代支配人だったシャルル・シモン・ファヴァールからとられています。ファヴァールは1745年に若い女優と恋に落ち、結婚しました。ラウンジにはカップルのポートレイトも飾られています。ただしインテリアは18世紀ふうではなく、現代のもの。色彩や、タフタやベルベットといった上質なテキスタイルが視覚的にも触覚的にも人々を惹きつけます。パリではみんながおしゃれ過ぎてファッションに人一倍こだわりのある人でも目立たないことがありますが、そんなときはこのホテルのインテリアを参考にするといいかもしれません。客室の渦を巻く花模様やかっちりとした格子模様、燃えるようなオレンジ、マスタード・イエロー、濃いピンク、闇のような黒といったデザインはとてもファッショナブルです。

地下のプールは時おり、愛を象徴する紫に輝きます。とてもリラックスできる場所ですが、ときに激しい運動よりも刺激的です。数台のフィットネスマシンがある小さめのジムもあります。レストランはありませんが、どの角にもブーランジェリーやカフェがありますし、客室のミニバーも充実しています。

share