Hotel Keppler

Hotel Keppler | ホテル・ケプラー

Hotel Keppler
Hotel Keppler
News/

Hotel Keppler | ホテル・ケプラー

Hotel Keppler

落ち着いたスタイル、気取らない雰囲気、そしてリーズナブルな価格という「慎み深さ」が常に注視されるパリのホテルシーン。この3つをすべて兼ね備えたホテルは非常にまれですが、「ホテル・ケプラー(Hotel Keppler)」は多少なりとも、そのまれなホテルのひとつと言っていいでしょう。ある程度納得のいく豪華設備を備え、シャンゼリゼ大通りからすぐという立地なのに意外と静かで、古臭くなく斬新すぎないインテリアに仕上がっています。

提供: Tablet Hotels

落ち着いたスタイル、気取らない雰囲気、そしてリーズナブルな価格という「慎み深さ」が常に注視されるパリのホテルシーン。この3つをすべて兼ね備えたホテルは非常にまれですが、「ホテル・ケプラー(Hotel Keppler)」は多少なりとも、そのまれなホテルのひとつと言っていいでしょう。ある程度納得のいく豪華設備を備え、シャンゼリゼ大通りからすぐという立地なのに意外と静かで、古臭くなく斬新すぎないインテリアに仕上がっています。

このホテルのスタイルを「古典かモダンか」という尺度だけで判断することはできません。フランス人建築家ピエール・イヴ・ロションが作り上げた空間は、一見モダンなシンプルなラインで形作られていますが、その内部に包み込まれたクラシックな要素からは、紛れもない歴史と伝統が匂いたっています。見るからにパリ的で、そして21世紀という新しい時代を感じさせます。

客室数39室の小宿で、レストランはありません。その代わり乾式サウナ、スチームサウナ、小さなジムなど、大型ホテル級の設備が整っているので、パリの石畳を1日中歩き回った体を休めるには最高です。恋人と2人きりの、あるいはショッピング三昧の休日にぴったりの宿ですが、パリ中心部に商用のあるラッキーなビジネス客も文句はないでしょう。

share