The Soho Hotel

The Soho Hotel | ザ・ソーホー・ホテル

The Soho Hotel
The Soho Hotel
News/

The Soho Hotel | ザ・ソーホー・ホテル

The Soho Hotel

ロンドンの新しい「ザ・ソーホー・ホテル(The Soho Hotel)」は、信じられないほど魅力的で贅沢で、クラシックかつオリジナルな、豪華なデザインホテルです。クラシックとは今やお馴染みのロンドン的感覚において、大げさで並はずれた快適さや、丈夫で包みこんでくれる備品や設備(張り子の備品で構成されたデザインホテルと比べて)。オリジナルとは、今や使い古された(本当は何もない)「ホワイトルーム」、(チープな)「禅ミニマリズム」、(既製品だけの)ホテルスタンダード家具、のような言葉のあやを使う他のホテルとは違うという意味です。

提供: Tablet Hotels

ロンドンの新しい「ザ・ソーホー・ホテル(The Soho Hotel)」は、信じられないほど魅力的で贅沢で、クラシックかつオリジナルな、豪華なデザインホテルです。クラシックとは今やお馴染みのロンドン的感覚において、大げさで並はずれた快適さや、丈夫で包みこんでくれる備品や設備(張り子の備品で構成されたデザインホテルと比べて)。オリジナルとは、今や使い古された(本当は何もない)「ホワイトルーム」、(チープな)「禅ミニマリズム」、(既製品だけの)ホテルスタンダード家具、のような言葉のあやを使う他のホテルとは違うという意味です。

不満はひとつだけあります。ホテルの周りの灰色のビルばかりで、ちょっと眺めがよいとは言えないからです。ただ、ソーホーというロケーションは素晴らしく、誰一人として不満そうではありません。「アート気取り」な地区はは最もお粗末に計画された場所であるかどうかは、ソーホーを見る限りまだ議論の余地があるでしょう。

しかし、一度ホテルの中に入ってしまえば、贅沢に装飾された内装や、現代的でも暖かみのある独特のスタイルが、ロンドンにあるどのホテルよりも広々とした空間に広がります。ロフトスタイルの大きな窓が太陽光をふんだんに取り入れ、5階のスイート(「Wallpaper*」マガジンにお墨付きをもらったSoho Suiteとペントハウス)のプライベートテラスからは目の覚めるような町の景色が広がります。

ホテルのパブリックスペースは、Poltrona Frauによる派手な革張りのアームチェアが配置された2つのプライベートシネマと、暖炉と室内ミニバーのある2つの応接間があります。レストランとフィットネスセンターは、外出したいという思いを完全に忘れさせてくれます。もし仕事があるのであれば、ホテルの外に出ることなくイベントルームの一つを予約して、「会議」に来てもらってはいかがですか?もちろん、ホテルに缶詰というのでは全く意味はありません。「Soho Hotel」と名の通り、半分の魅力はそのロケーションにあるのです。そうでなければここは、ただの「Hotel」と呼ばれてしまいます。

アクセス:レスター・スクエア駅もしくはトッテナム・コート駅より徒歩10分。ヒースロー空港からパディントン駅までヒースローエクスプレスで15分(片道18ポンド)。空港からホテルまでタクシーをご利用の場合は約45分(約50ポンド)です。

 

share