Grand Hyatt Tokyo

Grand Hyatt Tokyo | グランドハイアット東京

Grand Hyatt Tokyo
Grand Hyatt Tokyo
News/

Grand Hyatt Tokyo | グランドハイアット東京

Grand Hyatt Tokyo

六本木ヒルズは、東京のロックフェラー・センターと言えるでしょう。膨大な総工費をかけて建てられた、ショッピングやエンターテイメントなどが詰まった多目的ビルです。森タワーを中心に、現代美術館も併設されています。そんな六本木ヒルズの隣にオープンしたのが、390の客室を持つグランドハイアット東京です。

提供: Tablet Hotels

六本木ヒルズは、東京のロックフェラー・センターと言えるでしょう。膨大な総工費をかけて建てられた、ショッピングやエンターテイメントなどが詰まった多目的ビルです。森タワーを中心に、現代美術館も併設されています。そんな六本木ヒルズの隣にオープンしたのが、390の客室を持つグランドハイアット東京です。

豪華さでは新宿のパークハイアットに一歩譲りますが、モダンなデザインと大型ビジネスホテルとしての機能が、うまく調和しています。ロビーは広く、巨大な頭の彫刻や赤花崗岩のユニークなプールなど、普通のチェーンホテルにはないデザイン性が魅力です。

客室内の扉は引き戸になっています。インテリアはとてもスタイリッシュで、フレッテのシーツやインターネット接続、SF映画のようなAV機器など快適で最新の設備が、コンテンポラリーな雰囲気とうまく融合しています。機械音痴の人は、リモコンの操作など、機械に強い友達を連れてくると良いでしょう。また窓は、時差ぼけの方のためにリモコンで暗幕が引けるようになっています。天気が良ければ、西側の客室から富士山を眺めることができます。

最も特徴的なのが、日本式のお風呂の付いたバスルームで、シャワーとバスタブが別々になっています。専用スパのような趣のあるこのお風呂、ぜひお試しを。また小型TV付なので、最新のニュースを見ながら、ゆったりとしたバスタイムをお楽しみください。

一方このホテルには、東京のトレンディなインテリア設計事務所「スーパーポテト」による2つの結婚式場(教会式と神道式)があります。いずれもすばらしいデザインで、結婚の予定がなくても見学する価値は十分あります。教会式のグランドチャペルは、まさに日本を感じさせる内装で、木の壁に囲まれたフロアとベンチに天窓からやさしい光が降り注ぎます。神道式の挙式場(3階)は、オーストラリア産の松のフロアと白木の格子造りで、密閉された空間なのにとても明るく感じます。これとは対照的に、待合室は黒花崗岩のフロアとロースウッドの天井という落ち着いた雰囲気で、式場の明るさを一層引き立てています。

ホテルは、六本木というとても便利な場所にあります。パークハイアットやフォーシーズンズに匹敵する大変ラグジュアリーで個性的なホテルです。

share