loewe
opens new flagship store at ginza

ジョナサン・アンダーソン監修のニュースポット、CASA LOEWE Tokyo がオープン

loewe opens new flagship store at ginza
loewe opens new flagship store at ginza
News/

ジョナサン・アンダーソン監修のニュースポット、CASA LOEWE Tokyo がオープン

loewe
opens new flagship store at ginza

by Mikiko Ichitani

LOEWE (ロエベ) が、最新のフラッグシップ ショップ CASA LOEWE Tokyo (カサ ロエベ 東京) を銀座の交詢社通りの一角にオープンした。

マドリードやロンドンなど、世界で展開する CASA LOEWE のキーコンセプトは “ラグジュアリー” “親密感” そして “文化” を感じられる空間。架空のアートコレクターの家をイメージした店内に一歩足を踏み入れると、クリエイティブ ディレクターの Jonathan Anderson (ジョナサン・アンダーソン) 監修のもと世界中から集められたアートピースが最新コレクションとともに配され、ブティックなのに、どこか落ち着く居心地のよい空間が広がる。時間が贅沢に使われるということも Jonathan Anderson の考えるラグジュアリーの定義のひとつであり、その中でアートの果たす役割は非常に大きいと言えるだろう。実際に、2016年より LOEWE によるファッションの見せ方は、CASA をベースに構築されており、インスタレーションの変化はシーズンごとに反映され、コレクションそのもののスタート地点としての役割も果たしている。

現在展開中の「ウィリアム・ド・モーガン」カプセル コレクションに合わせて、CASA LOEWE Tokyo の1Fと2Fではイギリスの陶芸家 William De Morgan (ウィリアム・ド・モーガン) によってデザインされたタイルが空間を彩っている。William De Morgan は、William Morris (ウィリアム・モリス) とともにアーツ・アンド・クラフツ時代 (1834-1896) の革新的なアーティストとして知られており、Jonathan Anderson は彼の遺した手仕事の数々から多くのインスピレーションを受けたとし、次のようにコメントしている。「LOEWE では、毎年異なる私のお気に入りのアーツ・アンド・クラフツ運動のヒーローを取り上げています。今回のコレクションに、William De Morgan を選ぶことはとても自然なことでした。なぜなら、彼はアーツ・アンド・クラフツ運動における大きな協力者であり、その時代の真の夢想家だったからです。」

©︎LOEWE

©︎LOEWE

ほかにも、スペイン人アーティストの Gloria Garcia Lorca (グロリア・ ガルシアロルカ) によるミューラルのインスタレーションが窓辺を飾り、“テキスタイル彫刻家” と称される Simone Pheulpin (シモーヌ・フェルパン)、陶芸家の桑田卓郎や John Ward (ジョン・ウォード) らの作品が商品とともに空間の一部を構成。各フロアには、ジョージ・ナカシマによる「コノイド・クッション」チェアや、Axel Vervoordt (アクセルヴォルヴォールト) の「フローティング・ストーン」テーブルなど、コレクター垂涎のマスターピースたちを贅沢に配置する。足元には温かみのある色調が魅力のテキスタイルアーティスト、John Allen (ジョン・アレン) によるデザインをベースにしたハンドメイドの天然ウールラグが敷かれ、その鮮やかなカラーリングがコレクションの世界観を自然と振り分けている。

メンズ、ウィメンズともにフルラインナップを取り扱う CASA  LOEWE  Tokyo のオープンを記念して、シグネチャーバッグ「ポスタル バッグ」から新たに登場する東京バージョンの世界先行商品や、人気のゲートシリーズから新たに発売した「ゲート トップハンドル ミニ」の店舗限定カラーも販売する。ショッピングだけではない、洗練されたひとときを楽しみにぜひ一度足を運んでみてほしい。

share