UZU BY FLOWFUSHI
opens the first flagship store in tokyo

UZU が国内初の直営店を伊勢丹新宿店本館1階にオープン

キャンペーンヴィジュアルのフォトグラファーは、Petra Collins (ペトラ・コリンズ) を起用

UZU BY FLOWFUSHI opens the first flagship store in tokyo
UZU BY FLOWFUSHI opens the first flagship store in tokyo
News/

UZU が国内初の直営店を伊勢丹新宿店本館1階にオープン

UZU BY FLOWFUSHI
opens the first flagship store in tokyo

ビューティ業界の常識にとらわれない自由な発想で、「モテマスカラ」や「モテライナー」、「LIP38℃ リップトリートメント」などの大ヒットを連発してきた FLOWFUSHI (フローフシ)。2019年3月にはブランド名改め UZU BY FLOWFUSHI (ウズ バイ フローフシ) となり、ニューヨーク進出も果たした彼らが11月20日、国内初となる直営店を伊勢丹新宿店本館1階にオープンする。ニューヨーク・SOHO地区にオープンしたフラッグシップストア UZ 19 HOWARD に続く、世界で2店舗目となる常設ストアとなる。

ショップオープンに合わせて登場するのは、FLOWFUSHIが創業時に最初に手がけた「モテマスカラ」のアップデート版だ。生まれ変わった「MOTE MASCARA™️」(全11種) は、うち5種が1118日発売 (Phase1)、追加の5種が126日発売 (Phase2)。伊勢丹新宿店ではPhase12が同時先行発売となる。(残る1本はPhase3として、20202月世界同時発売予定)。

UZU MOTE MASCARA™️ (左から) VOL.6、7、8、9、CLEAR、MICRO (以上 Phase 1 ※VOL.9 のみPhase 3)、BR、CP、NV、BU、KH (以上 Phase 2) 各¥1,800

MOTE MASCARA™️」は、100%天然由来成分「エンドミネラル™️」を配合。塗るたびにまつげをケアする一方、バルクからコームまでフルカスタマイズされた設計で理想の仕上がりを追求。さらにウォータープルーフでありながら、ぬるま湯で簡単にオフできるのが特徴だ。発色においてはリニューアルにあたり、色彩純度の高い顔料を一から開発し直したという。

ブラックのマスカラ4種類は、ボリュームのレベルを69の数字で表現。カラーマスカラは、旧来品でも展開していたブラウンとネイビーに加え、コッパーとバーガンディ、カーキを追加。MICROはまつげを細部までキャッチ、CLEARはまつ毛エクステの上からも使用できるタイプ。

「EYE OPENING LINER」の14色目となる「7 SHADES OF BLACK」(全7種) も伊勢丹新宿店で限定販売する

share