今回TDSがタッグを組んだのは、若手アートディレクターの星加陸。彼のグラフィックワークをプリントしたTシャツは、ホワイトボディの上からさらにオフホワイトの染料で製品染め。1点ずつ異なる表情を持つインテレクチュアルなデザイン

sponsored
Tokyo Design Studio New Balance

サステナブルなニューカルチャー、東京デザインスタジオ ニューバランスのカプセルコレクション誕生

Tokyo Design Studio New Balance

model: Miyu Otani & Seijun Kato
photography: Shun Komiyama
stylist: Junko Kobashi
hair & makeup: Yousuke Toyoda
text: miwa goroku
edit: waki motoyama

New Balance (ニューバランス) が本社を置くアメリカと日本の共同開発で、2018年よりシーズンごとにカプセルコレクションを送り出している New Balance の新ライフスタイルブランド「TOKYO DESIGN STUDIO New Balance (東京デザインスタジオ ニューバランス、以下TDS)」。今年2月に復刻&即日完売した New Balance 1300から、世界初となるTDSバージョンが登場、アパレルはデザイン新たに3型をラインアップ。今回、東京のファッションカルチャーを体現するモデルの小谷実由と、新たなロックシーンを牽引する存在として注目を集める MONO NO AWARE の加藤成順が、新作をフルコーデで着こなした。4月25日発売。

Tokyo Design Studio New Balance

サステナブルなニューカルチャー、東京デザインスタジオ ニューバランスのカプセルコレクション誕生

今回TDSがタッグを組んだのは、若手アートディレクターの星加陸。彼のグラフィックワークをプリントしたTシャツは、ホワイトボディの上からさらにオフホワイトの染料で製品染め。1点ずつ異なる表情を持つインテレクチュアルなデザイン

アッパーに New Balance 1300、ソールにTDSのENCAP REVEALを採用。クラシックと最新テクノロジーが共存する世界初登場モデル R_C1300

オールホワイトのスタイルをベースに、差し込む色のニューバランスを楽しむ。Tシャツ ¥13,000、パンツ ¥18,000、シューズ ¥22,000/すべて TOKYO DESIGN STUDIO New Balance (東京デザインスタジオ ニューバランス)、ジャケット/スタイリスト私物

ヘヴィーウェイトにも関わらず、柔らかな風合いが楽しめるTDS定番のカットソー素材。Tシャツはバック全面に、フーディは左袖口に、パンツは左太腿部分に、それぞれグラフィックをプリント。着用サイズはともにL (3サイズ展開)。(右) フーディ ¥19,000/TOKYO DESIGN STUDIO New Balance (東京デザインスタジオ ニューバランス)、スカート、タイツ/ともにスタイリスト私物

左右で色が異なるのは、工場に眠るデッドストックのレザーを使っているため。端材レザーの在庫量の違いから生まれるクレイジーパターンをデザインとして昇華させた、サステナブルな1足。R_C1300 Surplus (D/23.0〜29.0㎝)各¥22,000

share