valentino
launches new charity campaign #valentinoempathy

ナオミ・キャンベルにグウィネス・パルトローも参加!セレブリティたちそれぞれが暮らす場所で撮影するヴァレンティノ2020-21年秋冬キャンペーン

Photo by Inez & Vinoodh | © Valentino

valentino launches new charity campaign #valentinoempathy
valentino launches new charity campaign #valentinoempathy
News/

ナオミ・キャンベルにグウィネス・パルトローも参加!セレブリティたちそれぞれが暮らす場所で撮影するヴァレンティノ2020-21年秋冬キャンペーン

valentino
launches new charity campaign #valentinoempathy

Valentino (ヴァレンティノ) が2020-21年秋冬ウィメンズ・メンズコレクションの広告キャンペーンを発表した。「#ValentinoEmpathy」と名付けられた本キャンペーンは、ローマのスパンランツァーニ病院のためのチャリティプロジェクト。メゾンと親交の深いアーティストやモデルたちは無償でプロジェクトに参加し、同コレクションのルックを着用して、それぞれが暮らす場所で撮影している。

新型コロナウイルスの影響により、世界のファッション撮影のあり方にも変化が起こっている。Valentino のクリエイティブ ディレクターである Pierpaolo Piccioli (ピエールパオロ・ピッチョーリ) はそうした状況を受けて、新しいプロジェクトを立ち上げた。その名も、「#ValentinoEmpathy」。ソーシャルディスタンスが必要な現状の中でも、共感によって人々は常につながることができるというメッセージが込められ、世界的に有名なアーティストやモデル、メゾンの友人たちが参加。

Naomi Campbell (ナオミ・キャンベル)、Gwyneth Paltrow (グウィネス・パルトロウ)、Laura Dern (ローラ・ダン)、Laetitia Casta (レティシア・カスタ)、Liu Wen (リウ・ウェン)、Christy Turlington (クリスティー・ターリントン)、Vittoria Ceretti (ヴィットリア・チェレッティ)、Adut Akech (アドゥ・アケチ) ら錚々たる顔ぶれが名を連ねている。

これまでも Valentino はイタリアのサッコ病院とイタリア市民保護局に200万ユーロ、フランスのチャリティ団体、La Fondation Hôpitaux de Paris – Hôpitaux de France に100万ユーロ、スペインのマドリード見本市会場内での病院建設に100万ユーロの寄付を行ってきた。本プロジェクトでは、100万ユーロをイタリアの新型コロナウイルス感染症指定病院であるローマのラッツァロ・スパランツァーニ病院に寄付する。

現在、キャンペーンのビジュアルは各出演陣が撮影準備中とのこと。今はひとまず「#ValentinoEmpathy」に注目したい。

share