FREEMANS SPORTING CLUB

FREEMANS SPORTING CLUB | フリーマンズ スポーティング クラブ

FREEMANS SPORTING CLUB
FREEMANS SPORTING CLUB
News/

FREEMANS SPORTING CLUB | フリーマンズ スポーティング クラブ

FREEMANS SPORTING CLUB

アメリカントラッドの代名詞ともいえるニューヨーク発のメンズブランド、FREEMANS SPORTING CLUB (フリーマンズ スポーティング クラブ)。1950年代のニューヨーク郊外をイメージし、MADE IN USA にこだわったアイテムやプロダクトのセレクションで、アメリカの紳士たちを魅了し続けてきたブランドだ。その FREEMANS SPORTING CLUB が2013年4月、カジュアルショップ、テーラー、バーバーそしてレストランが併設されたフラッグシップショップを東京 青山の路地裏にオープンした。FREEMANS SPORTING CLUB のすべての要素が詰まった同店の内装を手がけたのは、ブランド創設者の建築家、デザイナーである Taavo Somer (ターボ・ソマー)。アンティークのガラスケースや、数々の動物の剥製が所狭しと並び、1950年代のニューヨーク郊外の農業や狩猟といった生活スタイルを彷彿とさせる独特の空間が広がっている。1Fのカジュアルショップにはアメリカンなスポーツカジュアルウェアに加えて、日本の藍染めのソックスやシャツ、ニットも展開されており、日本とニューヨークの双方からライフスタイルを提案している。2Fのテーラールームには、日本人テーラーが常駐。100年以上の歴史を誇る老舗のテーラー、Martin Greenfield (マーティン グリーンフィールド) のカスタムオーダースーツやシャツなどのフォーマルウェアを仕立てることができる。アメリカの伝統的な理髪店を彷彿とさせる3Fのバーバーショップには、高い技術を持った理髪師がシェービングや散髪をしてくれる。予約を受け付けず、カットとポマードのみで仕上げるヘアスタイルを提案するなど、1950年代当時のアメリカの床屋のイメージに徹底的にこだわっている。買い物や散髪後に立ち寄れるB1Fのレストラン&バーは、11:30 – 23:00 の営業。ランチは16:00までやっているので、遅めのランチをオープンテラスでゆっくり楽しむこともできる。また、暗めのウッディな空間が落ち着くバーでは、バーボンやカクテルのメニューが豊富。B1Fから3Fのすべてのフロアを通じて、アメリカントラッドを現代の東京に落とし込んだ見事な空間が広がっている。

アメリカントラッドの代名詞ともいえるニューヨーク発のメンズブランド、FREEMANS SPORTING CLUB (フリーマンズ スポーティング クラブ)。1950年代のニューヨーク郊外をイメージし、MADE IN USA にこだわったアイテムやプロダクトのセレクションで、アメリカの紳士たちを魅了し続けてきたブランドだ。その FREEMANS SPORTING CLUB が2013年4月、カジュアルショップ、テーラー、バーバーそしてレストランが併設されたフラッグシップショップを東京 青山の路地裏にオープンした。FREEMANS SPORTING CLUB のすべての要素が詰まった同店の内装を手がけたのは、ブランド創設者の建築家、デザイナーである Taavo Somer (ターボ・ソマー)。アンティークのガラスケースや、数々の動物の剥製が所狭しと並び、1950年代のニューヨーク郊外の農業や狩猟といった生活スタイルを彷彿とさせる独特の空間が広がっている。1Fのカジュアルショップにはアメリカンなスポーツカジュアルウェアに加えて、日本の藍染めのソックスやシャツ、ニットも展開されており、日本とニューヨークの双方からライフスタイルを提案している。2Fのテーラールームには、日本人テーラーが常駐。100年以上の歴史を誇る老舗のテーラー、Martin Greenfield (マーティン グリーンフィールド) のカスタムオーダースーツやシャツなどのフォーマルウェアを仕立てることができる。アメリカの伝統的な理髪店を彷彿とさせる3Fのバーバーショップには、高い技術を持った理髪師がシェービングや散髪をしてくれる。予約を受け付けず、カットとポマードのみで仕上げるヘアスタイルを提案するなど、1950年代当時のアメリカの床屋のイメージに徹底的にこだわっている。買い物や散髪後に立ち寄れるB1Fのレストラン&バーは、11:30 – 23:00 の営業。ランチは16:00までやっているので、遅めのランチをオープンテラスでゆっくり楽しむこともできる。また、暗めのウッディな空間が落ち着くバーでは、バーボンやカクテルのメニューが豊富。B1Fから3Fのすべてのフロアを通じて、アメリカントラッドを現代の東京に落とし込んだ見事な空間が広がっている。

share