mame kurogouchi
celebrates the 10th anniversary with its first exhibition

マメクロゴウチがブランド創設10周年を記念した展覧会を長野県立美術館にて開催中

mame kurogouchi celebrates the 10th anniversary with its first exhibition
mame kurogouchi celebrates the 10th anniversary with its first exhibition
News/

マメクロゴウチがブランド創設10周年を記念した展覧会を長野県立美術館にて開催中

mame kurogouchi
celebrates the 10th anniversary with its first exhibition

Mame Kurogouchi (マメ クロゴウチ) がブランド初となる美術館での単独展覧会『10 Mame Kurogouchi (テン マメ クロゴウチ)』を開催中だ。その名の通り、ブランドの10周年という大きな節目を記念した本展の舞台は、デザイナー・黒河内真衣子の出身地であり、Mame Kurogouchi がユニフォームをデザインしたことでも話題となった長野県立美術館(旧信濃美術館)本館。善光寺の目の前という絶好のロケーションに位置し、今年4月にリニューアルオープンしたばかりの「ランドスケープミュージアム」と評される美しい建築の美術館だ。会期は、2021年8月15日まで。

本展では、 旅や夢、色、刺繍などこれまで発表されたコレクションに共通する10のキーワードを軸に、ファーストコレクションから2020年秋冬コレクションまでのアーカイブを通じ、10年間に及ぶ創作の旅路を俯瞰的に紹介。黒河内が書きためてきたダイアリーや撮りためた写真、コレクション製作の着想源となった品々、工場への指示書やテキスト、本展のために製作されたオリジナルのテキスタイルなどが、デザイナー本人の私小説的とも言えるクリエイションの背後に複雑にレイヤーされた諸要素を視覚化する。また、フォトグラファーの野田祐一郎による撮り下ろしの写真作品も展示されるなど、見所が満載だ。

また、展覧会の開催を記念して作品集『10 Mame Kurogouchi』も刊行。テキストと写真をメインに「読む展覧会」として、展覧会の展示内容と作品集が相互補完するようデザインされ、ファンならずとも手にとりたい一冊となっている。

是非とも、長野の澄んだ空気の中、ブランドの思想の根底に触れるかのような静謐な空間で Mame Kurogouchi が歩んできた10年をともに振り返りたい。

share