Japanese Charismatic Gyaru-oh Magazine 'men's egg' To Be Discontinued

渋谷の一時代を築いたカリスマ誌『men's egg (メンズエッグ)』が休刊へ

Japanese Charismatic Gyaru-oh Magazine 'men's egg' To Be Discontinued
Japanese Charismatic Gyaru-oh Magazine 'men's egg' To Be Discontinued
News/

渋谷の一時代を築いたカリスマ誌『men's egg (メンズエッグ)』が休刊へ

Japanese Charismatic Gyaru-oh Magazine 'men's egg' To Be Discontinued

大洋図書の発行する『men’s egg (メンズエッグ) 』が、2013年11月号をもって休刊することがわかった。ギャル誌『egg (エッグ)』の男性版として創刊した同誌が14年の歴史に幕を閉じる。公式ウェブサイト『GSP』では8日、休刊について既に情報掲載しており、10月号の次号予告に綴った「次号激震!!!何かが起こる…」の内容を明らかにした。『GSP』編集部・担当者は、「休刊については、モデルの公式 Twitter (ツイッター) などを中心に噂が拡散されていた。10年以上モデルを務めている子をはじめ、渋谷の一時代を築いた媒体がなくなることをとても悲しんでいる。が、全盛期よりもいわゆる”ギャル男”が減少しているのは事実。」とコメントしている。歴代モデルが総出演する最終号の発売は10月12日。

men's egg

大洋図書の発行する『men’s egg (メンズエッグ) 』が、2013年11月号をもって休刊することがわかった。ギャル誌『egg (エッグ)』の男性版として創刊した同誌が14年の歴史に幕を閉じる。公式ウェブサイト『GSP』では8日、休刊について既に情報掲載しており、10月号の次号予告に綴った「次号激震!!!何かが起こる…」の内容を明らかにした。『GSP』編集部・担当者は、「休刊については、モデルの公式 Twitter (ツイッター) などを中心に噂が拡散されていた。10年以上モデルを務めている子をはじめ、渋谷の一時代を築いた媒体がなくなることをとても悲しんでいる。が、全盛期よりもいわゆる”ギャル男”が減少しているのは事実。」とコメントしている。歴代モデルが総出演する最終号の発売は10月12日。

 

share