chanel
Holds Gabrielle Chanel.Manifeste de mode Retrospective Exhibition at Mitsubishi Ichigokan Museum, tokyo

日本では32年ぶりのガブリエル・シャネルの回顧展が三菱一号館美術館で開催

©︎CHANEL

chanel Holds Gabrielle Chanel.Manifeste de mode Retrospective Exhibition at Mitsubishi Ichigokan Museum, tokyo
chanel Holds Gabrielle Chanel.Manifeste de mode Retrospective Exhibition at Mitsubishi Ichigokan Museum, tokyo
News/

日本では32年ぶりのガブリエル・シャネルの回顧展が三菱一号館美術館で開催

chanel
Holds Gabrielle Chanel.Manifeste de mode Retrospective Exhibition at Mitsubishi Ichigokan Museum, tokyo

今や知らない人がいない世界的ブランドである CHANEL 。創業者「ガブリエル・シャネル」(1883〜1971)は1920年代に新しい女性像を作り上げたとして、20世紀で最も影響力の大きいデザイナーといわれている。そんな彼女の仕事に焦点を当てた回顧展が6月18日(土)〜9月25日(日)の間、三菱一号館美術館で実施。

本展はガリエラ宮パリ市立モード美術館で開催されたGabrielle Chanel.Manifeste de mode展を日本向けに再構成した、本格的かつ国際的な展覧会。シャネルのスーツの原型となる1920年代の衣装や戦後に流行したリトル・ブラック・ドレスなど、各時代を代表する衣装だけでなく、アクセサリーやバッグなどのファッションアイテム、そしてN°5の香水瓶までも、実際に現物を見ながら当時の貴重な資料とともにシャネルの魅力をひも解いていく。

コルセット着用が常識だった19世紀の装いに、着心地の良さや実用性を最重視したスタイルを提案したり、喪服のイメージが強かった「黒」という色をドレスに取り入れたり、斬新なアイディアでファッションのパイオニアとして走り続けてきたガブリエル・シャネル。そんな彼女の世界観をたっぷり体感できる貴重な展覧会だ。ぜひこの機会をお見逃しなく。

share