Max mara
opens new flagship store in omotesando

Charaによるライブパフォーマンスも!マックスマーラがフラッグシップ ストアを表参道にオープン

©︎Max Mara

Max mara opens new flagship store in omotesando
Max mara opens new flagship store in omotesando
News/

Charaによるライブパフォーマンスも!マックスマーラがフラッグシップ ストアを表参道にオープン

Max mara
opens new flagship store in omotesando

Max Mara (マックスマーラ) が新たなフラッグシップストアを東京・表参道に11月19日(土)オープンする。表参道・青山エリアで2店舗目のフラッグシップストアとなる同店の設計を手掛けたのは、ミラノを拠点とする建築家の Andrea Tognon (アンドレア・トニョン)。また、オープンを記念したイベントが11月17日(木)に開催され、スペシャルゲストとしてシンガーソングライターの Chara が登場。ライブ配信も予定されている。

東京でも屈指のショッピングエリアであり、ラグジュアリーブランドのブティックが立ち並ぶ表参道の一等地に位置し、敷地面積400平方メートルを誇るタワーが、Max Mara の新たなフラッグシップストアとしてオープン。空に向かってそびえ立つ流線形の構造は、壮大なパゴダ(仏塔/ストゥーバ)を思わせるような佇まいで、クラウディ仕上げのつや消しメタルを使用したパーゴラのような床版が配され、重力に逆らうように進化を続ける都市の姿を見事に体現している。

インテリアは軽やかかつ現代的な仕上がりで、イタリア的美学と壮大な建築を思わせる赤のトラバーチン素材のフローリングに、セメントとカーペットを幾何学模様で交互にセット。コントラストを強調しつつ、ぬくもりのある空間を演出する。さらに、照明は薄暗くしたり、スポットを当てたりと、刻一刻と変化する空間の表情に合わせて調光できる仕様。金属製の階段や鏡が反射し、光と屈折によって作り出された効果が、建物と外部の境界を曖昧にぼやけさせる。商品にフォーカスを当てながらも、屋内と屋外が絶え間なく対話をし、常に進化し続けるダイナミック空間として、新しいショッピング体験を提案する。

また、「マックスマーラ表参道店」のオープンを記念したエクスクルーシブなイベントでは、Chara が発売したばかりの新曲『A・O・U』を含む一夜限りのライブパフォーマンスを披露。その模様は Max Mara の公式サイトにて17日19:15よりライブ配信され、日本中どこにいても Chara の歌声と Max Mara の新店舗の共演を堪能することができる。また、11月16日までの期間限定で同店を埋め尽くす、アーティストで写真家の William Wegman (ウィリアム・ウェグマン) が撮影した、ブランドのアイコンである「101801 コート」のキャメルカラーを纏ったエレガントなワイマラナー犬の有名なグラフィックにも注目して。

share