EASTEAST_TOKYO 2023
new art event invites 24 galleries

大型アートイベント「EASTEAST_TOKYO 2023」が科学技術館にて開催。25ものギャラリーが参加

EASTEAST_TOKYO 2023 new art event invites 24 galleries
EASTEAST_TOKYO 2023 new art event invites 24 galleries
News/

大型アートイベント「EASTEAST_TOKYO 2023」が科学技術館にて開催。25ものギャラリーが参加

EASTEAST_TOKYO 2023
new art event invites 24 galleries

東京・千代田区北の丸公園内に位置する科学技術館にて新たなアートイベント「EASTEAST_TOKYO 2023 (イーストイースト トウキョウ2023)」が開催される。会期は、2月17日から19日の3日間。東京のカルチャーシーンやアーティストたちのコミュニティの価値観を体験できる包括的なプレゼンテーションをお見逃しなく。

本イベントは、2020年開催のアートフェア「EAST EAST_Tokyo (イーストイースト トウキョウ)」が大幅リニューアルされたもので、25ものギャラリーを交えて開催される。参加するギャラリーは、現代美術を軸にカルチャーや価値観を横断する「PARCEL (パーセル)」をはじめ、コロナ禍に新宿歌舞伎町にオープンした「デカメロン」、住所非公開で予約制を取っている「HAITSU (ハイツ)」、山梨県北杜市の「Gallery Trax (ギャラリートラックス)」、西麻布で気鋭アーティストの展示を積極的に行う「CALM & PUNK GALLERY (カーム&パンクギャラリー)」など、多彩な顔ぶれとなっている。

こうしたギャラリーによる展示、販売に加えて、アートプロジェクトの紹介、ライブパフォーマンスの実施やディスカッション、ビューイングツアー、フード&ドリンクがラインナップ。さらに、オフサイトプログラムとして、渋谷や新宿の街頭での映像作品展示、クラブやライブハウスでの音楽プログラムなど、あらゆるイベントが開催される。

当イベントを主催する EASTEAST_ (イーストイースト) は、日本を拠点に活動するアーティスト、アートギャラリーを国内外へ紹介、参加者間の文化交流を促進するためのプラットフォーム。「アートイベントをつくる」という実践のもと、次世代を担うアーティストやギャラリストなどアート業界の関係者と、アートと接点を持つデザイン、音楽、出版、広告等の分野で活躍するクリエイターや実業家がチームとなり、協業する。この取り組みは、イベントの定期的な開催と共に継続的におこなわれ、チームメンバーは時代とともに変化していく予定だ。

2月なかば、少し足を伸ばして東京のアートやカルチャーの最前線を体感してみてはいかがだろうか。

share