American Apparel Releases Controversial Ad, Again

American Apparel (アメリカン アパレル) の物議を醸すキャンペーン広告、再び

American Apparel Releases Controversial Ad, Again
American Apparel Releases Controversial Ad, Again
News/

American Apparel (アメリカン アパレル) の物議を醸すキャンペーン広告、再び

American Apparel Releases Controversial Ad, Again

今回の広告では、同ブランドのマーチャンダイサーでもある、バングラデシュ生まれで米国育ちの元イスラム教徒、Maks (マックス) が起用されている。Maks は同広告において、「Made in Bangladesh (メイド・イン・バングラデシュ)」というキャッチコピーと共に、大胆にトップレスで登場している。

Source: American Apparel

Source: American Apparel

米国ファッション・ブランドのAmerican Apparel (アメリカン・アパレル) は、もはや恒例ともなっている、物議を醸すキャンペーン広告を2014年春夏向けにローンチした。

今回の広告では、同ブランドのマーチャンダイサーでもある、バングラデシュ生まれで米国育ちの元イスラム教徒、Maks (マックス) が起用されている。Maks は同広告において、「Made in Bangladesh (メイド・イン・バングラデシュ)」というキャッチコピーと共に、大胆にトップレスで登場している。

同ブランドは、「American Apparel の全製品が、ロサンゼルスのダウンタウンで、適正な賃金を受け取り、福利厚生もしっかりした従業員の手によって作られている。」ことを誇りに思っており、バングラデシュの工場火災や労働者の最低賃金問題と間接的に比較することで、これらの事柄を強調する狙いである、とみる業界関係が多い。

share