THE MARLTON HOTEL

THE MARLTON HOTEL | ザ・マールトン・ホテル

THE MARLTON HOTEL
THE MARLTON HOTEL
News/

THE MARLTON HOTEL | ザ・マールトン・ホテル

THE MARLTON HOTEL

デザインホテル界では近頃、古いものが再び新鮮に感じられるようになってきています。光沢感のある未来的なミニマリズムに背を向けて、もっとなにか、レトロでロマンティックなものへ導かれているようだ、と言ったらいいでしょうか。ニューヨークでそれを率先して形にし始めたホテリエの1人といえば、これまで「バワリー・ホテル(The Bowery Hotel)」や「The Jane」を仕掛けてきたショーン・マクファーソン(Sean MacPherson)。グリニッチビレッジの歴史のヒントを匂わせた「ザ・マールトン(The Marlton)」も、彼が手がけたと聞いて納得。1900年に安宿としてオープンして以来、ジャック・ケルアックやブレイク前のジュリー・アンドリュースといった著名人が滞在したこともあるという建物を、かつての個性を活かしつつ改装したものです。そう、個性といえば、このホテルは個性たっぷり。大型ホテルや、かっこいい高級ホテルは、この街には常に溢れているもの。そんな業界で勝者となるための最大の武器は、やはりパーソナリティなわけです。パリっぽいお洒落さを持ちつつも、現実的な料金設定で収めているのは、ユニークで幅広い客層を集める工夫のひとつ。“ベイビー・バワリー”なんて形容されることもあるマールトンですが、その例えも間違ってはいません。バワリー・ホテルをもう少しこじんまりとしたスケールにして、ちょっと住宅風の雰囲気を与えた感じ、と言うと近いかもしれません。ホテル内レストラン「マルゴ(Margaux)」は、旬の味を取り入れたフランス風、地中海風、カリフォルニア風料理を、ダークウッドのフロアとレザーのブース席を温かい照明が満たす空間で楽しめる、贅沢な場所。(しかも野菜が主役のメニューになっていて、ベジタリアン、ビーガン、グルテンフリーといったオプションもたくさん。)また、バーは、品あるナイトクラブ風。あたたかな雰囲気と個性を持った・・・そう、まさにマールトンらしい空間になっています。

提供: Tablet Hotels

デザインホテル界では近頃、古いものが再び新鮮に感じられるようになってきています。光沢感のある未来的なミニマリズムに背を向けて、もっとなにか、レトロでロマンティックなものへ導かれているようだ、と言ったらいいでしょうか。ニューヨークでそれを率先して形にし始めたホテリエの1人といえば、これまで「バワリー・ホテル(The Bowery Hotel)」や「The Jane」を仕掛けてきたショーン・マクファーソン(Sean MacPherson)。グリニッチビレッジの歴史のヒントを匂わせた「ザ・マールトン(The Marlton)」も、彼が手がけたと聞いて納得。1900年に安宿としてオープンして以来、ジャック・ケルアックやブレイク前のジュリー・アンドリュースといった著名人が滞在したこともあるという建物を、かつての個性を活かしつつ改装したものです。そう、個性といえば、このホテルは個性たっぷり。大型ホテルや、かっこいい高級ホテルは、この街には常に溢れているもの。そんな業界で勝者となるための最大の武器は、やはりパーソナリティなわけです。パリっぽいお洒落さを持ちつつも、現実的な料金設定で収めているのは、ユニークで幅広い客層を集める工夫のひとつ。“ベイビー・バワリー”なんて形容されることもあるマールトンですが、その例えも間違ってはいません。バワリー・ホテルをもう少しこじんまりとしたスケールにして、ちょっと住宅風の雰囲気を与えた感じ、と言うと近いかもしれません。ホテル内レストラン「マルゴ(Margaux)」は、旬の味を取り入れたフランス風、地中海風、カリフォルニア風料理を、ダークウッドのフロアとレザーのブース席を温かい照明が満たす空間で楽しめる、贅沢な場所。(しかも野菜が主役のメニューになっていて、ベジタリアン、ビーガン、グルテンフリーといったオプションもたくさん。)また、バーは、品あるナイトクラブ風。あたたかな雰囲気と個性を持った・・・そう、まさにマールトンらしい空間になっています。

share