Jean Paul Gaultier Withdraws From Ready to Wear

Jean Paul Gaultier (ジャンポール・ゴルチエ) がプレタポルテから撤退

Jean Paul Gaultier Withdraws From Ready to Wear
Jean Paul Gaultier Withdraws From Ready to Wear
News/

Jean Paul Gaultier (ジャンポール・ゴルチエ) がプレタポルテから撤退

Jean Paul Gaultier Withdraws From Ready to Wear

Jean Paul Gaultier (ジャンポール・ゴルチエ) がレディース、メンズのプレタポルテから撤退することが『WWD』のインタビューにて明らかとなった。現地時間9月27日に予定されている2014年春夏コレクションを最後に、今後クチュールとフレグランスに専念するという。デザイナーのJean Paul Gaultier (ジャンポール ゴルチェ) は今回の発表にあたり「私たちは会社の現在の状況を考慮し、あらゆる可能性について検討し、同じ結論に達しました。長年、オートクチュールに取り組んできまして、真の達成感を感じてきました。オートクチュールは私の研究と実験におけるクリエイティビティとセンスを表現できる場なのです。同時にプレタポルテの世界は大幅に進化してきました。商業的制約とコレクションの早すぎるペースにもはや自由はありませんし、新鮮なアイデアを見出し、革新を起こす時間も持てなくなりました」と声明を発表している。

Jean Paul Gaultier (ジャンポール・ゴルチエ) がレディース、メンズのプレタポルテから撤退することが『WWD』のインタビューにて明らかとなった。現地時間9月27日に予定されている2014年春夏コレクションを最後に、今後クチュールとフレグランスに専念するという。デザイナーのJean Paul Gaultier (ジャンポール ゴルチェ) は今回の発表にあたり「私たちは会社の現在の状況を考慮し、あらゆる可能性について検討し、同じ結論に達しました。長年、オートクチュールに取り組んできまして、真の達成感を感じてきました。オートクチュールは私の研究と実験におけるクリエイティビティとセンスを表現できる場なのです。同時にプレタポルテの世界は大幅に進化してきました。商業的制約とコレクションの早すぎるペースにもはや自由はありませんし、新鮮なアイデアを見出し、革新を起こす時間も持てなくなりました」と声明を発表している。

share