Chanel 2014-15 Paris-Salzburg Metier d'Art Collection's Rococo Romanticism

Chanel (シャネル) 2014-15年パリ-ザルツブルク メティエダールコレクションが呼び起こす、ロココの装飾美学

© Chanel

Chanel 2014-15 Paris-Salzburg Metier d'Art Collection's Rococo Romanticism
Chanel 2014-15 Paris-Salzburg Metier d'Art Collection's Rococo Romanticism
News/

Chanel (シャネル) 2014-15年パリ-ザルツブルク メティエダールコレクションが呼び起こす、ロココの装飾美学

Chanel 2014-15 Paris-Salzburg Metier d'Art Collection's Rococo Romanticism

今季ショーの会場として用いられたのは、華やかな18世紀の趣きを色濃く残すレオポルツクロン城。湖のほとりに佇む古城では、Chanel のアンバサドレスである Àstrid Bergès-Frisbey (アストリッド・べルジュ・フリスベ) や Alice Dellal (アリス・デラル)、Zhou Xun (ジョウ・シュン)、女優のRooney Mara (ルーニー・マラ) など豪華な面々が顔を揃えた。

© Chanel

© Chanel

Chanel (シャネル) 2014-15年パリ-ザルツブルク メティエダールコレクションが、12月2日 (現地時間) オーストリアのザルツブルクにて発表された。

今季ショーの会場として用いられたのは、華やかな18世紀の趣きを色濃く残すレオポルツクロン城。湖のほとりに佇む古城では、Chanel のアンバサドレスである Àstrid Bergès-Frisbey (アストリッド・べルジュ・フリスベ) や Alice Dellal (アリス・デラル)、Zhou Xun (ジョウ・シュン)、女優のRooney Mara (ルーニー・マラ) など豪華な面々が顔を揃えた。

© Chanel

© Chanel

© Chanel

© Chanel

© Chanel

© Chanel

© Chanel

© Chanel

今シーズンのテーマは、オーストリアの伝統衣装とロココの装飾文化。ファーストルックで登場したラッフルカラーのブラウスとダブルブレストブレザー、そしてミニスカートのアンサンブルをはじめ、ショー全体を通してロマンティックな女性像が打ち出された。アリストクラティック (=貴族的) なルックにノスタルジックなアクセントを加えるのは、ディアンドルやレーダーホーゼンをはじめとするオーストリアの伝統衣装に着想を得た装飾だ。バルキーなニットやシャツドレスには、色とりどりのチロリアン刺繍が施された。Chanel (シャネル) が誇るクラフツマンシップを体現するメティエダール (=クチュール工房) による意匠は、今季アイコニックなスカートアンサンブルやケープ、オフィサーコートの縁に施されたブレード刺繍や、ゴールドとパールを用いたオーナメント刺繍で表現された。フィナーレでは、2015年春夏キャンペーンにも登場する人気モデル Cara Delvigne (カーラ・デルヴィーニュ) が白いティアードドレスに身を包んで登場。Karl Lagerfeld (カール・ラガーフェルド) と手を取り合い歩くその姿は、さながらシンデレラのようなドリーミーな様相を湛えている。

© Chanel

© Chanel

© Chanel

© Chanel

© Chanel

© Chanel

© Chanel

© Chanel

1950年代、Gabriel Chanel (ガブリエル・シャネル) は休暇を過ごす為に訪れたオーストリア、ザルツブルクにてかの有名な Chanel のジャケットの構想を得たと伝えられている。そのストーリーに基づいて制作されたショートフィルム「Reincarnation」では、Cara Delvigne に加え Gabriel Chanel 役に Geraldine Chaplin (ジェラルディン・チャップリン) 、そしてキーパーソンとなるエレベーターボーイに、同作のオリジナル曲《CC The World》を手がけた Pharrell Williams (ファレル・ウィリアムス) が登場している。

Chanel
URL: http://www.chanel.com

share