TOGA x Chikashi Suzuki

【ファッション写真連載】vol.04 鈴木親 × TOGA

TOGA x Chikashi Suzuki
TOGA x Chikashi Suzuki
News/

【ファッション写真連載】vol.04 鈴木親 × TOGA

TOGA x Chikashi Suzuki

by Miwa Goroku

国内外のフォトグラファーにフォーカスを当てるTFPの新シリーズ企画「FASHION PHOTOGRAPHY」。第1弾は、東京発のファッションブランドと蜜月関係にあるフォトグラファーたちが自ら厳選したフォトストーリーを、連載形式で紹介。彼らの目線を通して、2015年秋冬コレクションの舞台裏に迫る。

国内外のフォトグラファーにフォーカスを当てるTFPの新シリーズ企画「FASHION PHOTOGRAPHY」。第1弾は、東京発のファッションブランドと蜜月関係にあるフォトグラファーたちが自ら厳選したフォトストーリーを、連載形式で紹介。彼らの目線を通して、2015年秋冬コレクションの舞台裏に迫る。

Photo by Chikashi Suzuki

Photo by Chikashi Suzuki

Photo by Chikashi Suzuki

Photo by Chikashi Suzuki

鈴木親 × TOGA

世界のラグジュアリーブランドと肩を並べつつ、独特のテーマ性や素材使いを追求し、独自路線を歩み続けている TOGA (トーガ)。2014-15年秋冬シーズンに、それまでコレクション発表を続けていたパリからロンドンへと拠点を移し、エッジィな才能が多く集うロンドンシーンの中で、そのオリジナリティ溢れる世界観を改めて際立たせている。

2015-16年秋冬のテーマは “ADAPTATION, CHANCE, SIMULTANEITY (適応、偶然、同時性)”。和紙を使ったトップス、レースやメッシュをランダムに合わせたワンピース、ラミネート加工を施したボトムス、ファーやベルベットのコートなど、はっと目を見張る素材とカラープレイが冴えている。コートやブラウス、ニットなどには太い帯がついていて、これは脱いだ時に体にたすき掛けすることができ、両手が自由になるよう配慮されている。斜めにかけられた衣類が予期せぬ形に変化する、デザインと機能の両立をTOGAらしいアプローチでかなえたパワフルなコレクション。さらに今年3月にデビューしたバッグコレクションも充実し、“たすき掛け” のアシンメトリーなルックに鮮やかなアクセントを加えている。

Photo by Chikashi Suzuki

Photo by Chikashi Suzuki

Photo by Chikashi Suzuki

Photo by Chikashi Suzuki

Photo by Chikashi Suzuki

Photo by Chikashi Suzuki

TOGAのブランドデビューは1997年。それから9年後の06年に、東京からパリへと羽ばたくタイミングで、デザイナーの古田泰子は写真家の鈴木親と出会う。バックステージからルックブック、雑誌などのタイアップまで、TOGAにまつわるほとんどのヴィジュアル表現は以後、現在に至るまで鈴木親が手掛けている。「TOGAは、アーティストの五木田智央さんと共にずっとサポートしてきました。なぜ撮り続けているのか? 考えたことはないですが、デザイナーの古田さんの周りに惹かれているのかなと思います」。

Photo by Chikashi Suzuki

Photo by Chikashi Suzuki

Photo by Chikashi Suzuki

Photo by Chikashi Suzuki

東京のファッションブランドのうち、キャンペーンヴィジュアルを打ち出すところは、実はほとんどない。キャンペーン、つまり雑誌広告やビルボードなどでブランドイメージを訴求できるほどのコマーシャル性や規模感を持ち得ていないのが主な理由だが、TOGAではインターナショナルなバックグラウンドを持つ鈴木親により、08-09年秋冬から毎シーズン、個性派のモデルや女優らを起用したイメージヴィジュアルが撮り下され、自社発行の新聞やウェブサイトで使用されている。これまでにTOGAのヴィジュアルで登場したのは、菊池凛子や福島リラ、安藤さくら、市川実和子、芦名星、加瀬亮 (メンズ) など。あらゆる撮影において、自身でモデルキャスティングをすることでも知られる鈴木親ならではの才覚を感じる人選だ。そして今季、15-16年秋冬は韓国の女優 Bae Doona (ペ・ドゥナ) を起用。ブランド初となる外国人女優を、東京のリアルなストリート感が滲み出るロケーションに配し、ブランドイメージをさらにグローバルな路線へと引き上げてみせている。

Chikashi Suzuki

Chikashi Suzuki

<プロフィール>
鈴木親 (すずき・ちかし)
1972年生まれ。96年渡仏し、雑誌『Purple』(仏) で写真家としてのキャリアをスタート。国内外の雑誌で幅広く活動し、ISSEY MIYAKE、UNITED BAMBOO、TOGA などのワールドキャンペーンを手掛ける。主な作品集に『shapes of blooming』(treesaresospecial刊/2005年)、『Driving with Rinko Kikuchi』(THE international刊/08年)、『CITE』(G/P gallery刊、09年) 。近年、定期的に撮影しているブランドは TOGA以外に、MA déshabillé (エムエー デザビエ)、Maison Martin Margiela (メゾン マルタン マルジェラ/現・Maison Margiela) などがある。愛用カメラは、samurai (京セラ)、pentax67 (ペンタックス)、iPhone 6。
HP: http://chikashisuzuki.net/

share