Hermès Released "Hermès Editeur 4" Collaborated With Julio Le Parc

Hermès (エルメス) が Julio Le Parc (ジュリオ・ル・パルク) による『Hermès Editeur 4(エルメス・エディター4)』を発表

Photos: Studio des Fleurs

Hermès Released "Hermès Editeur 4" Collaborated With Julio Le Parc
Hermès Released "Hermès Editeur 4" Collaborated With Julio Le Parc
News/

Hermès (エルメス) が Julio Le Parc (ジュリオ・ル・パルク) による『Hermès Editeur 4(エルメス・エディター4)』を発表

Hermès Released "Hermès Editeur 4" Collaborated With Julio Le Parc

『Hermès Editeur (エルメス・エディター)』は、Hermès (エルメス) がアーティストとタッグを組み、メゾンのアイコンともいえるシルクスカーフを制作するというアートプロジェクト。第4回目となる今回は、オプ・アートのパイオニア的存在である Julio Le Parc (ジュリオ・ル・パルク) とのコラボレーション。以前には、Josef Albers (ジョセフ・アルバース)、Daniel Buren (ダニエル・ビュレンヌ)、そして日本を代表する現代美術家の杉本博司ともコラボレーションを果たしてきた。

『Hermès Editeur (エルメス・エディター)』は、Hermès (エルメス) がアーティストとタッグを組み、メゾンのアイコンともいえるシルクスカーフを制作するというアートプロジェクト。第4回目となる今回は、オプ・アートのパイオニア的存在である Julio Le Parc (ジュリオ・ル・パルク) とのコラボレーション。以前には、Josef Albers (ジョセフ・アルバース)、Daniel Buren (ダニエル・ビュレンヌ)、そして日本を代表する現代美術家の杉本博司ともコラボレーションを果たしてきた。

アルゼンチン出身で、1950年代後半よりパリを拠点に活動してきたアーティスト Julio Le Parc は、1960年にパリで発足した GRAV (Visual Art Research Group、視覚芸術探求グループ) の創設メンバーの1人であり、1968年には世界最大かつ最も権威のある現代アートの祭典「ヴェネツィア・ビエンナーレ」でグランプリを受賞している。Le Parc は、動き、光、視野の分野、アートと鑑賞者の関係性を探求する作品制作で広く知られている。今回のコラボレーションでは、彼の色に対する探求的なアティチュードが凝縮された代表作である”La Longue Marche”が、様々なバリエーションでシルク上で表現されることになった。

Hermès (エルメス) のアーティスティック・ディレクターである Pierre-Alexis Dumas (ピエール=アレクシィ・デュマ) は、「彼のアトリエを訪ねたときに、数ある作品の中でも特に思い入れの強い名作である”La Longue Marche”(1974~75年)は、動きのあるフォルムと色、そして不滅の急進主義という力とともに独特の存在感を放っていました」と語っている。

Photos: Studio des Fleurs

Photos: Studio des Fleurs

Photos: Studio des Fleurs

Photos: Studio des Fleurs

今回の Hermès Editeur は『Variations autour de La Longue Marche (ロングウォークのバリエーション)』と銘打たれ、色への讃歌として”La Longue Marche”を構成する10種の作品から6種を選びバリエーションを生んだもので、単なる転写とは異なる。「オリジナル作品をもとに、色の順番を変えるなどの可能性を模索し新たなビジュアルを発見することができました」と Le Parc は語っている。14色の色彩のプリズムを発展させたものと、色のない白、黒、グレーに由来するものという2つのカテゴリーに分けられた6種類10シリーズの展開で、計60枚。それぞれがユニークピースの90x90cmのシルクスカーフが誕生した。1枚のスカーフからその隣のスカーフへと、重なり、ねじれ、組み合わせ、鱗状重層などの視覚効果を模索しながら、プリズム効果は流れるしなやかな連続となって優美な広がりを実現させている。リヨンのシルク職人は、波打つシルクの上に完璧に均一な色彩の帯を転写するため「エッジ・トゥ・エッジ」プリント(色同士を重ねることなく隣り合わせる、縁と縁をつきあわせる)技術を用いた。

Photos: Studio des Fleurs

Photos: Studio des Fleurs

Photos: Studio des Fleurs

Photos: Studio des Fleurs

フォルム、構造、入り組んだ迷路のような曲線の相互作用への考察がされた『Variations autour de La Longue Marche』は、6月15日にスイス・バーゼルの Museum der Kulturen (文化史博物館) にて発表され、6月28日まで展示される予定。『Hermès Editeur 4』は、6月15日より Hermès Editeur の公式サイトにて販売される。

HP: www.hermes-editeur.com

share