CHANEL autumn / winter 2012-13 haute couture collection

CHANEL 2012-13年秋冬オートクチュール・コレクション

CHANEL autumn / winter 2012-13 haute couture collection
CHANEL autumn / winter 2012-13 haute couture collection
News/

CHANEL 2012-13年秋冬オートクチュール・コレクション

CHANEL autumn / winter 2012-13 haute couture collection

グラン・パレのサロン・ド・ヌールが白椿が咲く冬の庭園へと生まれ変わり、CHANEL (シャネル) の2012-13年秋冬オートクチュール・コレクションが発表された。今回のテーマは「ニュー ヴィンテージ」。同ブランドの象徴的なツイードは、パッチワークとして再考案され、ゆったりとしたショルダーのスーツ、シフトドレス、プリーツスカートが提案されていた。「革新、喚起、継続性、そしてこれらすべてに相反する要素を取り入れ、マドモワゼル・シャネルの精神と心構えを考慮しながらコンテンポラリーなコレクションを作りました」とデザイナーのKarl Lagerfeld (カール・ラガーフェルド) はいう。モダンでエレガントなシルエットで、輝くばかりのフェミニンなコレクションだった。

©CHANEL

©CHANEL

グラン・パレのサロン・ド・ヌールが白椿が咲く冬の庭園へと生まれ変わり、CHANEL (シャネル) の2012-13年秋冬オートクチュール・コレクションが発表された。今回のテーマは「ニュー ヴィンテージ」。同ブランドの象徴的なツイードは、パッチワークとして再考案され、ゆったりとしたショルダーのスーツ、シフトドレス、プリーツスカートが提案されていた。「革新、喚起、継続性、そしてこれらすべてに相反する要素を取り入れ、マドモワゼル・シャネルの精神と心構えを考慮しながらコンテンポラリーなコレクションを作りました」とデザイナーのKarl Lagerfeld (カール・ラガーフェルド) はいう。モダンでエレガントなシルエットで、輝くばかりのフェミニンなコレクションだった。

share