Haute Joaillerie Extraordinare - "Soie Dior" Collection By Victoire de Castellane For Dior Fine Jewelry

その躍動感、大胆不敵。Dior Fine Jewelry (ディオール ファイン ジュエリー) から “ソワ (絹)” をテーマにした新作ハイジュエリーが発表

Haute Joaillerie Extraordinare - "Soie Dior" Collection By Victoire de Castellane For Dior Fine Jewelry
Haute Joaillerie Extraordinare - "Soie Dior" Collection By Victoire de Castellane For Dior Fine Jewelry
News/

その躍動感、大胆不敵。Dior Fine Jewelry (ディオール ファイン ジュエリー) から “ソワ (絹)” をテーマにした新作ハイジュエリーが発表

Haute Joaillerie Extraordinare - "Soie Dior" Collection By Victoire de Castellane For Dior Fine Jewelry

タフタ、ポンジー、オーガンザ、サテン…あらゆる布の中で、最もクチュールに相応しいのが、”Soie (ソワ)”。日本人にはシルクと言った方が分かりやすいだろうか。そのしなやかな光沢は、時に重厚であり、時に軽やか、そしてまた時に思いもよらないほど大胆な輝きを放つ。

"Dénoué (フランス語で緩めるの意)" の名の通り、ねじったリボンを広げたようなリズミカルなカーブを表現したネックレス (K18WG、YG、ダイヤモンド、イエローダイヤモンド) | © Dior

Editor – Shunsuke Okabe

 

タフタ、ポンジー、オーガンザ、サテン…あらゆる布の中で、最もクチュールに相応しいのが、”Soie (ソワ)”。日本人にはシルクと言った方が分かりやすいだろうか。そのしなやかな光沢は、時に重厚であり、時に軽やか、そしてまた時に思いもよらないほど大胆な輝きを放つ。

無論、フランスが誇るクチュールメゾン Dior (ディオール) にとって、シルクはコレクションを生み出す上で必要不可欠な素材だ。

中でも今回、Dior Fine Jewelry (ディオール ファイン ジュエリー) のクリエイターである Victoire de Castellane (ヴィクトワール・ドゥ・カステラーヌ) がインスパイアされたのは、シルクのリボン。昨年発表されたハイジュエリーコレクション Archi Dior (アーシ ディオール) では、1947年にムッシュ・ディオールによって世に放たれた “ニュールック” をはじめとするメゾンのアーカイブを、シルエットや構造という観点から再解釈しているのに対し、今回はよりディティールに着目したコレクションとなっている。

規則的に並べ裏地に使われることもあれば、時にオーナメントのように装飾の要として予測不能な動きを見せるリボン。折りたたむ、丸める、ひねる、広げる、ひっくり返す、そしてよりをかける…その躍動感はさながらダンサーのようでもあり、固定されたその出で立ちはランウェイでポーズを取るモデルのようでもある。

「人は直観的にリボンをもてあそび、あっという間に現れては消える形を楽しみます。私は、そうした自由な動きをそのまま表現したかったのです」とインスピレーションについて語る Victoire (ヴィクトワール)。

彼女が思い描く刹那的な美しさは、メゾンが誇る卓越したクラフツマンシップ、そしてダイヤモンド、サファイア、エメラルド、そしてルビーをはじめとする贅の限りを尽くしたマテリアルにより永遠の象徴へと形を変えるのだ。

Dénoué シリーズより、サファイアを用いた神秘的なピース (K18WG、YG、ダイヤモンド、エメラルド、サファイア) | © Dior
複雑に絡み合う Galon (ブレード織) を表現したビッグストーンのリング (K18PG、YG、ダイヤモンド、エメラルド、ピンクサファイア) | © Dior
ドットのエンブロイダリー、Plumetis をイメージしたネックレス (K18WG、ダイヤモンド、イエローダイヤモンド、スペサタイトガーネット) | © Dior
清廉な輝きのプラチナに映えるディープカラーのプレシャスストーン。Tresse シリーズのリング (K18WG、Pt950、ダイヤモンド、ルビー、サファイア、パープルサファイア、ピンクサファイア) | © Dior
躍動感溢れる Volant シリーズ。イヤリングは、左右で異なる配置のプレシャスストーンが個性的。(K18WG、サファイア、エメラルド) | © Dior

問い合わせ先/クリスチャン ディオール 0120-02-1947
HP: http://www.dior.com/home/ja_jp

share