Nobuyoshi Araki Holds Solo Exhibition 'IMKA' At art space AM

1000点超の未発表作品を展示 荒木経惟の個展「淫夏 IMKA」が art space AM にて開催中

Nobuyoshi Araki Holds Solo Exhibition 'IMKA' At art space AM
Nobuyoshi Araki Holds Solo Exhibition 'IMKA' At art space AM
News/

1000点超の未発表作品を展示 荒木経惟の個展「淫夏 IMKA」が art space AM にて開催中

Nobuyoshi Araki Holds Solo Exhibition 'IMKA' At art space AM

妖艶な花々、緊縛ヌード、空景、食事、東京の街、飼猫…… さまざまな被写体から強烈なエロスとタナトスが漂う独特の写真世界を確立し、日本を代表する写真家として国内外で高い評価を受けている同氏。本展に出展されるのは全て未発表作品となっており、最新作「2015・8・15」や「KIMONO: KaoRi」、インスタントフィルムに着彩したペインティング・フォト、カットされた2枚の断片を接ぎ合わせた前作「結界」に連なる「半夏性」、インスタントフィルム作品で構成されるインスタレーション「EGG」「FLOWER」など、総計1000点を超える作品が並ぶ。作品完成から展示のセットアップまでの間、ペインティングフォトの画料が乾ききらなかったというほどの最新作が連なる圧巻のラインアップ。

© Nobuyoshi Araki

© Nobuyoshi Araki

© Nobuyoshi Araki

© Nobuyoshi Araki

荒木経惟 (あらき・のぶよし) の個展「淫夏 IMKA」が、昨年原宿にオープンした art space AM にて開催中。会期は10月11日 (日) まで。

妖艶な花々、緊縛ヌード、空景、食事、東京の街、飼猫…… さまざまな被写体から強烈なエロスとタナトスが漂う独特の写真世界を確立し、日本を代表する写真家として国内外で高い評価を受けている同氏。本展に出展されるのは全て未発表作品となっており、最新作「2015・8・15」や「KIMONO: KaoRi」、インスタントフィルムに着彩したペインティング・フォト、カットされた2枚の断片を接ぎ合わせた前作「結界」に連なる「半夏性」、インスタントフィルム作品で構成されるインスタレーション「EGG」「FLOWER」など、総計1000点を超える作品が並ぶ。作品完成から展示のセットアップまでの間、ペインティングフォトの画料が乾ききらなかったというほどの最新作が連なる圧巻のラインアップ。

© Nobuyoshi Araki

© Nobuyoshi Araki

© Nobuyoshi Araki

© Nobuyoshi Araki

また、本展にあわせて、マガジンスタイルのカタログ 『nobuyoshi araki: imka』issue 01-03 (A3・中綴じ・税込1800円 ) が刊行されている ( 現在は、01号のみ販売中。02、03号は、会期中に追って発売)。

<展覧会情報>
荒木経惟「淫夏 IMKA」
会期: 8月3日 (月) – 10月11日 (日)
時間: 13:00 – 19:00 (月火休廊)
場所: AM
住所: 東京都渋谷区神宮前6-33-14 神宮ハイツ302
Tel: 03-5778-3913
入場料: 無料
HP: www.am-project.jp/?p=166

share