Saint Laurent To Be On Screen From Dec 4

イヴ・サンローランの知られざる真実に迫る映画『サンローラン』が12月公開

© 2014 MANDARIN CINEMA – EUROPACORP – ORANGE STUDIO – ARTE FRANCE CINEMA – SCOPE PICTURES / CAROLE BETHUEL

Saint Laurent To Be On Screen From Dec 4
Saint Laurent To Be On Screen From Dec 4
News/

イヴ・サンローランの知られざる真実に迫る映画『サンローラン』が12月公開

Saint Laurent To Be On Screen From Dec 4

20世紀のファッション界を席巻し、「モードの帝王」と呼ばれたサンローラン。1970年代半ばに絶頂期を迎えていた彼だが、その裏には命を削るほどの創造の苦しみとスランプがあった。公には一切語られることのなかった真実に迫るため、本作では “モンドリアン・ルック” や “スモーキング” で世界的ブレイクを果たした直後の 67年から激動の10年間にフィーチャー。めくるめく絢爛豪華な映像美で描く成功者の傲慢と孤独から、知られざるサンローランの姿が浮かび上がる。

© 2014 MANDARIN CINEMA - EUROPACORP - ORANGE STUDIO - ARTE FRANCE CINEMA - SCOPE PICTURES / CAROLE BETHUEL

© 2014 MANDARIN CINEMA – EUROPACORP – ORANGE STUDIO – ARTE FRANCE CINEMA – SCOPE PICTURES / CAROLE BETHUEL

イヴ・サンローランの最盛期にして、最も堕落した激動の10年間を描いた衝撃作『サンローラン』の日本公開が決定。12月4日 (金) より、TOHO シネマズシャンテほか全国で順次公開される。

20世紀のファッション界を席巻し、「モードの帝王」と呼ばれたサンローラン。1970年代半ばに絶頂期を迎えていた彼だが、その裏には命を削るほどの創造の苦しみとスランプがあった。公には一切語られることのなかった真実に迫るため、本作では “モンドリアン・ルック” や “スモーキング” で世界的ブレイクを果たした直後の 67年から激動の10年間にフィーチャー。めくるめく絢爛豪華な映像美で描く成功者の傲慢と孤独から、知られざるサンローランの姿が浮かび上がる。

この天才デザイナーの喝采と孤独をフェロモンたっぷりに演じるのは、人気実力派俳優の Gaspard Ulliel (ギャスパー・ウリエル)。このほか『アデル、ブルーは熱い色』の Léa Seydoux (レア・セドゥ)、名匠ヴィスコンティに愛された Helmut Berger (ヘルムート・バーガー) らが出演しており、フランスでは「近年最高のキャスティング」と評されている。

本作は、2014年のカンヌ国際映画祭のコンペ部門出品をはじめ、セザール賞では最多10部門ノミネート。同年のアカデミー賞にも仏代表として選出されるなど各所で絶賛を浴び、本国フランスでは大ヒットを記録。待望の日本公開となる。

[あらすじ]
「僕たちは20世紀後半の2大アーティストだ」とアンディ・ウォーホルに称えられたイヴ・サンローランだが、新しいデザインを生み出すプレッシャーに苦しんでいた。ブランドのミューズ・ルルやお気に入りのモデル・ベティ、危険な愛人ジャックと刹那的な快楽を追い求めているうちに、遂にイヴは1枚のデザイン画も描けなくなってしまう──

<映画情報>
『サンローラン』(原題: Saint Laurent)
監督:ベルトラン・ボネロ
出演:ギャスパー・ウリエル、ジェレミー・レニエ、ルイ・ガレル、レア・セドゥ、ヘルムート・バーガー
(2014 年/フランス/151 分/カラー/ビスタ/5.1ch デジタル)
字幕翻訳: 松浦美奈
後援: 在日フランス大使館、アンスティチュフランセ日本
12月4日(金)TOHO シネマズ シャンテ他全国順次公開

share