Creative Director Ichiro Higashiizumi To Hold Solo Exhibition With New Works

ストリート・音楽・ダンスなどに根ざした表現から、トータルなコンセプトデザインまでを手がける、東泉一郎の個展が開催

© Ichiro Higashiizumi

Creative Director Ichiro Higashiizumi To Hold Solo Exhibition With New Works
Creative Director Ichiro Higashiizumi To Hold Solo Exhibition With New Works
News/

ストリート・音楽・ダンスなどに根ざした表現から、トータルなコンセプトデザインまでを手がける、東泉一郎の個展が開催

Creative Director Ichiro Higashiizumi To Hold Solo Exhibition With New Works

11月7日 (土) より、山梨のGallery Trax (ギャラリー・トラックス) にて、 デザイナー/クリエイティブディレクター・東泉一郎 (ひがしいずみ・いちろう) の個展「プロトタイピング moving sketches」が開催される。会期は11月29日 (日) まで。

© Ichiro Higashiizumi

© Ichiro Higashiizumi

11月7日 (土) より、山梨のGallery Trax (ギャラリー・トラックス) にて、 デザイナー/クリエイティブディレクター・東泉一郎 (ひがしいずみ・いちろう) の個展「プロトタイピング moving sketches」が開催される。会期は11月29日 (日) まで。

同氏は、メディア・アートの祭典「アルスエレクトロニカ」でゴールデン・ニカを受賞した「Sensorium project (センソリウム・プロジェクト) 」のディレクターとして世界各地で実験的インスタレーションを行うほか、日本科学未来館「インターネット物理モデル」、2002 FIFA World Cupのための演出デザインワーク、KDDI「AU design project」コンセプトモデル、JAXA「moonbell」、エモーショナル・フィジカルインターフェイスの開発など、ストリート・音楽・ダンスなどに根ざした表現から、トータルなコンセプトデザインまでを手がけている。

同氏の新たな挑戦となる本展では、「いま作りつつあるもの、あるいは、これから形にしようとしているもの」の、アイデアや開発途中の試行錯誤と混沌を、「動くスケッチ」の形でプロトタイプ化し、会場の環境を生かしたサウンドインスタレーションとともに展示する。初日の11月7日 (土) には15:00より、アーティストを囲み、オープニング・レセプションを開催。

© Ichiro Higashiizumi

© Ichiro Higashiizumi

 

Gallery Trax

Gallery Trax(ギャラリー・トラックス)
1993年に、アーティストの木村二郎 (きむら・じろう) により開廊。以降、アーティストの五木田智央 (ごきた・ともお) 、伊藤桂司 (いとう・けいじ) や、写真家の川内倫子 (かわうち・りんこ) らが展示をしたことで知られるギャラリー。八ヶ岳山麓の気持ちの良い自然に囲まれた環境は、人々を魅了し続ける。

<展覧会情報>
東泉一郎「プロトタイピング moving sketches」
会期: 11月7日 (土) – 11月29日 (日)
時間: 金土日月 11:00 – 17:00
オープニング・レセプション: 11月7日 (土) 15:00 – (料理・予約制1500円)
関連イベント: 詳細は後日ウェブサイトにて発表
場所: Gallery Trax
住所: 山梨県北杜市高根町五町田1245
TEL: 080-5028-4915
入場料: 無料
HP: www.eps4.comlink.ne.jp/~trax
facebook: www.facebook.com/events/150773171933830

share