'Shunga' Exhibition At Eisei Bunko

永青文庫にて「春画展」が開催中、大名から庶民にまで広く愛された名画を一堂に展示

渓斎英泉「あぶな絵 源氏物語」

'Shunga' Exhibition At Eisei Bunko
'Shunga' Exhibition At Eisei Bunko
News/

永青文庫にて「春画展」が開催中、大名から庶民にまで広く愛された名画を一堂に展示

'Shunga' Exhibition At Eisei Bunko

春画は、江戸時代に笑い絵とも呼ばれ、性描写と笑いが同居したユーモアで芸術性の高い浮世絵。近年、特に海外から高い評価を得ており、2013年から2014年にかけて大英博物館で行われた「春画 日本美術の性とたのしみ」は大きな話題を呼んだ。

渓斎英泉「あぶな絵 源氏物語」

渓斎英泉「あぶな絵 源氏物語」

目白台の永青文庫にて「春画展」が開催中。会期は12月23日 (水・祝) まで。

春画は、江戸時代に笑い絵とも呼ばれ、性描写と笑いが同居したユーモアで芸術性の高い浮世絵。近年、特に海外から高い評価を得ており、2013年から2014年にかけて大英博物館で行われた「春画 日本美術の性とたのしみ」は大きな話題を呼んだ。

葛飾北斎「喜能会之故真通」浦上満氏蔵

葛飾北斎「喜能会之故真通」浦上満氏蔵

国内初開催となる本展では、海外からは大英博物館およびデンマーク、また、日本の美術館や個人コレクションより、鈴木春信 (すずき・はるのぶ) の清楚、月岡雪鼎 (つきおか・せってい) の妖艶、鳥居清長 (とりい・きよなが) の秀麗、喜多川歌麿 (きたがわ・うたまろ) の精緻、葛飾北斎 (かつしか・ほくさい) の豊潤といった「春画の名品」133点を前後期に分けて展示。 印刷ではなく、人の手で線と色を書き出された「肉筆の名品」や、縦9 x 横13 cm ほどの「豆判春画」など、これまでに春画に親しみのない方も楽しめる内容となっている。

会期中12月5日には「着物DAY」を設け、着物での来場者は割引料金800円となるサービスも。詳細はウェブサイトにて。

喜多川歌麿「ねがひの糸口」 (部分)

喜多川歌麿「ねがひの糸口」 (部分)

<展覧会情報>
「春画展」
会期: 2015年9月19日 (土) – 12月23日 (水・祝)
※前期 9月19日 – 11月1日/後期 11月3日 – 12月23日
時間: 9:30 – 20:00 ※日曜日は9:30 – 18:00 (入館は閉館30分前まで)
休館日: 月曜日休館 ※祝日の場合開館
場所: 永青文庫
住所: 東京都文京区目白台 1-1-1
Tel: 03-5777-8600 (ハローダイヤル)
入館料: 1,500円 ※18歳未満は入館禁止
主催: 永青文庫、春画展日本開催実行委員会
特別後援: 国際浮世絵学会、美術史学会
後援: ブリティッシュ・カウンシル、朝日新聞社、産経新聞社
協力: 全日本空輸 (株)、凸版印刷 (株)、 日本通運 (株)、MountPosition Inc、COMITE CHAMPAGNE
HP: www.eiseibunko.com/shunga/

share