Artsit, Tadasu Takamine Produce “Tomorrow's Torture” Exhibition

高嶺格プロデュース展「明日の拷問」が開催、公募作品20数点を展示

Artsit, Tadasu Takamine Produce “Tomorrow's Torture” Exhibition
Artsit, Tadasu Takamine Produce “Tomorrow's Torture” Exhibition
News/

高嶺格プロデュース展「明日の拷問」が開催、公募作品20数点を展示

Artsit, Tadasu Takamine Produce “Tomorrow's Torture” Exhibition

1968 年鹿児島生まれ、京都市立芸術大学・岐阜県立国際情報科学芸術アカデミー卒。パフォーマンス、ビデオ、 インスタレーションなど多彩な表現を世界各地で行っている。近年の主な個展に、イギリスを含む4 つの美術館を 巡回した回顧展「とおくてよくみえない」(2011)、震災以降の状況をダイレクトに扱った「高嶺格のクールジャパン」 (水戸芸術館、2012)、視覚障碍者に案内されながら巡る「てさぐる」(秋田県立美術館、2014)など。

明日の拷問

11月11日 (水) よりココラボラトリー (秋田) にて、アーティストの高嶺格 (たかみね・ただす) プロデュースによる「明日の拷問」展が開催される。

様々な国際条約で禁止されているにも関わらず、今日もなお行われ続け、そして無意識に我々の心理的な抑圧となっている「拷問」。

明日の拷問本展では、「歴史上なかった、しかし将来ありえるかもしれない拷問」というテーマのもと、公募により選ばれた約20点の平面作品が出展。さらに、入選作品を元に高嶺が制作した映像作品も展示される。

高嶺格 (たかみね・ただす)
1968 年鹿児島生まれ、京都市立芸術大学・岐阜県立国際情報科学芸術アカデミー卒。パフォーマンス、ビデオ、 インスタレーションなど多彩な表現を世界各地で行っている。近年の主な個展に、イギリスを含む4 つの美術館を 巡回した回顧展「とおくてよくみえない」(2011)、震災以降の状況をダイレクトに扱った「高嶺格のクールジャパン」 (水戸芸術館、2012)、視覚障碍者に案内されながら巡る「てさぐる」(秋田県立美術館、2014)など。

 

 

<展覧会情報>
高嶺格プロデュース展「明日の拷問」
会期: 2015年11月11日 (水) – 11月23日 (月・祝)
時間: 11:00 – 18:00
場所: ココラボラトリー
住所: 秋田県秋田市大町3丁目1-12 川反中央ビル1F
Tel: 018-866-1559
入場料: 無料
HP: www.cocolab.net/gomon

share