'PIXAR:30 YEARS OF ANIMATION' At Museum of Contemporary Art Tokyo

世界初公開作を含む約500点を一挙公開「スタジオ設立30周年記念 ピクサー展」が開催中

ロバート・コンドウ(レイアウト:ジェイソン・カッツ、ジョン・サンフォード)|≪ビートボード:さよなら、アンディ≫|『トイ・ストーリー3』(2010年)| デジタルペインティング| ©Disney/Pixar

'PIXAR:30 YEARS OF ANIMATION' At Museum of Contemporary Art Tokyo
'PIXAR:30 YEARS OF ANIMATION' At Museum of Contemporary Art Tokyo
News/

世界初公開作を含む約500点を一挙公開「スタジオ設立30周年記念 ピクサー展」が開催中

'PIXAR:30 YEARS OF ANIMATION' At Museum of Contemporary Art Tokyo

現在、東京都現代美術館にて「スタジオ設立30周年記念 ピクサー展」が開催中だ。会期は5月29日 (日) まで。

現在、東京都現代美術館にて「スタジオ設立30周年記念 ピクサー展」が開催中だ。会期は5月29日 (日) まで。

1986年、アメリカのカリフォルニアで、John Alan Lasseter (ジョン・ラセター)、Edwin Catmull (エド・キャットマル)、Steve Jobs (スティーブ・ジョブズ) らによって設立された Pixar Animation Studios (ピクサー・アニメーション・スタジオ) は、その後「トイ・ストーリー」や「ファインディング・ニモ」、「インサイド・ヘッド」そして最新作「アーロと少年」など、数々の人気作品を世界に送り出し、その独創的なストーリーや魅力的なキャラクターは、これまでに多くのファンに愛され続けて続けてきた。

スタジオ設立30周年の節目となる2016年、本展では、同スタジオの創作活動にスポットライトをあて、ピクサーに所属するアーティストたちが映画制作の過程で創り出した、手描きのドローイングやパステル画、デジタルペインティング、彫刻など、多種多様なアートワークの全貌を紹介する。

 ≪トイ・ストーリー ゾートロープ≫|木、アルミニウム、真鍮、スチール、ガラス、プラスチック、石膏|2005年|©Disney/Pixar

≪トイ・ストーリー ゾートロープ≫|木、アルミニウム、真鍮、スチール、ガラス、プラスチック、石膏|2005年|©Disney/Pixar

 

<展覧会情報>
「スタジオ設立30周年記念 ピクサー展」
会期: 2016年3月5日 (土) – 5月29日 (日)
時間: 10:00 – 18:00 (入場は閉館の30分前まで)
休館日: 月曜日、3月22日(火) (3月21日、5月2日、5月23日は開館)
場所: 東京都現代美術館
住所: 東京都江東区三好4-1-1
Tel: 03-5245-4111 (代表) /03-5777-8600 (ハローダイヤル)
観覧料: 一般 1,500円/高校・大学生 1,000円/中高生700円/小・中学生 500円
HP: pxr30.jp

share