PUMA® X GraphersRock to Be Launch Capsule Collection

PUMA® X GraphersRock によるカプセルコレクションが発表 4月14日より先行発売も開始

PUMA® X GraphersRock to Be Launch Capsule Collection
PUMA® X GraphersRock to Be Launch Capsule Collection
News/

PUMA® X GraphersRock によるカプセルコレクションが発表 4月14日より先行発売も開始

PUMA® X GraphersRock to Be Launch Capsule Collection

PUMA (プーマ) が GraphersRock (グラファーズロック) とタッグを組み、カプセルコレクションを発表した。GraphersRock は、サイバーパンクやテクノカルチャーをベースにグラフィックデザインやアートディレクションを行っている岩屋民穂によるデザインカンパニー。フットウェアとアクセサリーが展開されるカプセルコレクションでは、テクノ、サイバーパンク、実験施設、ハイテクをテーマにその独自の世界観とテイストで「東京」を再現した。

© PUMA

© PUMA

PUMA (プーマ) が GraphersRock (グラファーズロック) とタッグを組み、カプセルコレクションを発表した。GraphersRock は、サイバーパンクやテクノカルチャーをベースにグラフィックデザインやアートディレクションを行っている岩屋民穂 (いわやたみお) によるデザインカンパニー。フットウェアとアクセサリーが展開されるカプセルコレクションでは、テクノ、サイバーパンク、実験施設、ハイテクをテーマにその独自の世界観とテイストで「東京」を再現した。

コレクションの中でも注目を集めるフットウェアには、ハイテクスニーカーとも称されるプーマを代表する90年代のランニングシューズ、「ディスクブレイズ」と「R698」をセレクト。インパクトとガジェット感を強調したデザインが目を引く。

「ディスクブレイズ」をベースに誕生した 「Disc by GraphersRock (ディスク バイ グラファーズロック)」 は、フォアフット部分にグリッドの切り込みが入った光沢のあるレザーが使用され、サイドパネルやミッドソールには記号やタイポグラフィーがプリントされている。さりげなく加えられた TOKYO JAPAN (トーキョージャパン) の文字と、シュータン及びヒールに入った GraphersRock のロゴが特徴的。また、インナーにはグラフィックがそれぞれ施され、トライノミックソールから内部のグラフィックが透けて見える仕様となっている。カラーはブラックとホワイトの2色展開、価格は19,000円となっている。

もうひとつの 「R698 by GraphersRock (アール 698 グラファーズロック)」 は、90年代らしいナイロンメッシュ、 ネオプレーン、そしてレザーといった異素材をパーツごとに採用し独特に仕上がった。 前者のモデルと同様、記号やタイポグラフィーのプリント、そしてインナーに施されたグラフィックパターンがトライノミックソールから透けて見えるデザインが特徴的だ。カラーはピンクがアクセントのグレーとブルーがアクセントのホワイトの2色展開、価格は13,000円。

また同時に発売される 「PUMA X GraphersRock バックパック」は、ソリッドな印象を与えるブラックの素材にリフレクター素材でプリントが装飾されている。両方向ジッパーによる広い開口やパソコン収納用のための背中のクッション、小物の収納に便利なポケットなど、デザイン性だけでなく機能性も兼ね揃える。

同カプセルコレクションの発売は、PUMA Store (プーマストア) と Dover Street Market Ginza (ドーバー ストリート マーケット ギンザ) にて4月15日 (金) より開始される。またそれに先駆けて4月14日 (木) 19:00〜、PUMA The Black Store (プーマブラックストアトウキョウ) と puma.com にて先行販売も開始されるとのこと。

問い合わせ先/プーマ お客様サービス 0120-125-150
HP: puma.com

share