Les Nabis Avant-garde-ism: Josep Font' Delpozo Fall Runway

Josep Font (ジョセップ・フォント) による Delpozo (デルポゾ) が呼び起こす、ナビ派とアリアンツの前衛

Les Nabis Avant-garde-ism: Josep Font' Delpozo Fall Runway
Les Nabis Avant-garde-ism: Josep Font' Delpozo Fall Runway
News/

Josep Font (ジョセップ・フォント) による Delpozo (デルポゾ) が呼び起こす、ナビ派とアリアンツの前衛

Les Nabis Avant-garde-ism: Josep Font' Delpozo Fall Runway

スペインのオートクチュールメゾン、Delpozo (デルポゾ) の最新の2017-18年秋冬 プレタ・クチュール コレクション。クリエイティブ・ディレクターは Josep Font (ジョセップ・フォント)。インスピレーションはナビ派のハンガリー人画家 József Rippl-Rónai (リップル・ローナイ・ヨージェフ) と、1937年にスイスで起こった抽象芸術団体 Allianz (アリアンツ) の旗手でありスイス人彫刻家の Max Bill (マックス・ビル)。

Delpozo (デルポゾ) が最新の2017-18年秋冬 プレタクチュール コレクションを発表。クリエイティブ・ディレクター Josep Font (ジョセップ・フォント) にとって5年目となるアニバーサリーを宿した今季、コレクションのインスピレーションとなったのは、ハンガリー人画家の József Rippl-Rónai (リップル・ローナイ・ヨージェフ) と、スイス人彫刻家の Max Bill (マックス・ビル)。1890年代にフランスで興隆した後期印象派の一派、通称ナビ派と呼ばれるグループの作家として知られる József は、印象派に見る華やかな色彩使いと、退廃的な人物描写によって作風を確立している。一方でコンクリートや金属など無機質な素材を用いたコンセプチュアルな作風で知られる Max Bill は、1937年にスイスで起こった抽象芸術団体 Allianz (アリアンツ) の旗手としても知られている。

これらインスピレーションをもとに、今季作り上げられたのはクチュールの技巧を最大限に生かした41体のルック。肉厚なウール素材をまるで彫刻のように形作ったコクーンシルエットのコートや、表情豊かなジャカードをコラージュのようにつなぎ合わせたデイドレス、そして Delpozo らしいメタリックのエンブロイダリーをふんだんに用いたイヴニングなど、様々なオケージョンに合わせたワードローブが提案された。

HP: www.delpozo.com

share