Interview with Bill Powers

「Exhibition A」ビル・パワーズインタビュー

Interview with Bill Powers
Interview with Bill Powers
News/

「Exhibition A」ビル・パワーズインタビュー

Interview with Bill Powers

世界の有名ギャラリーに所属するアーティストたちの現代アート作品を100ドル程度からと手の届く価格帯で提供する会員制のオンライン・アートストア「Exhibition A (エキシビション・エー) 」。2010年にスタートしたこのオンラインストアは、新しいアートの購買層を育てることを目的としていて、すべての作品は再版なしの数量限定で販売されている。過去にニューヨークのGagosian Gallery (ガゴシアン・ギャラリー) やBarneys New York (バーニーズ・ニューヨーク)、パリのcolette (コレット) などで開催された同ストアのポップアップ・ショップが、現在東京・原宿にあるVACANT (ヴァカント) にて展開中 (10月31日まで!) なのだが、このために来日をしたExhibition Aの仕掛け人のひとりで、HALF GALLERY (ハーフ・ギャラリー) のオーナーでもあるBill Powers (ビル・パワーズ) に話を聞く

*You’ll find the English text after the Japanese.

世界の有名ギャラリーに所属するアーティストたちの現代アート作品を100ドル程度からと手の届く価格帯で提供する会員制のオンライン・アートストア「Exhibition A (エキシビション・エー) 」。2010年にスタートしたこのオンラインストアは、新しいアートの購買層を育てることを目的としていて、すべての作品は再版なしの数量限定で販売されている。過去にニューヨークのGagosian Gallery (ガゴシアン・ギャラリー) やBarneys New York (バーニーズ・ニューヨーク)、パリのcolette (コレット) などで開催された同ストアのポップアップ・ショップが、現在東京・原宿にあるVACANT (ヴァカント) にて展開中 (10月31日まで!) なのだが、このために来日をしたExhibition Aの仕掛け人のひとりで、HALF GALLERY (ハーフ・ギャラリー) のオーナーでもあるBill Powers (ビル・パワーズ) に話を聞く

—まずBillさんのバックグラウンドについて少し教えてください。

ニューヨークでHALF GALLERYを運営していて、Terry Richardson (テリー・リチャードソン)、Rene Ricard (ルネ・リシャール)、Hanna Liden (ハンナ・ライデン)、David Armstrong (デイヴィッド・アームストロング)、そしてCraig McDean (クレイグ・マクディーン) などの個展をやったりしています。いい組み合わせだと思う。次の個展はLucien Smith (ルシアン・スミス) という若手アーティストの作品を展示するよ。VACANT (ヴァカント) はHALF GALLERYよりサイズ的には大きいけど、同じようなスピリットを持っている気がするんだ。ここに来られてすごくうれしいよ。

—現代アートの世界にはどのようにして入っていったんですか?

以前から雑誌に寄稿をしていて、『Purple (パープル) 』『Muse (ミューズ) 』『S Magazine (エス・マガジン) 』だったり、『The New York Times (ザ・ニューヨーク・タイムズ) 』でアートについて書いたりしているんだけど、そのうちにアート作品を集めるようになった。そしてギャラリーをオープンすることになったんだ。

—大学でアートの勉強とかはしていたんですか?

大学でひとつ授業を取っただけだよ (笑) ニューヨークはアートであふれているから、好奇心があれば自分でアートを勉強できる場所なんだ。

Exhibition Aはなぜ立ち上げたんですか?

昔はアート作品を収集したり、家に飾ったりできるのはお金持ちだけって思っていたんだ。ニューヨークにあったAlleged Gallery (アレッジド・ギャラリー)って聞いたことある?そこでBarry McGee (バリー・マッギー) やChris Johanson (クリス・ヨハンソン) なんかが個展をやったりしていたんだけど、小さな絵だったら200ドルぐらいで買えたりしたんだ。Jeff Koons (ジェフ・クーンズ) の彫刻を買うことはむずかしいかも知れないけど、別にお金持ちじゃなくても現代アートの作品を買うことができるって気がついたんだ。すごく興味深い点だと思うよ。若いころはぜんぜんそういう風に考えたことなかったから。

—なぜ現代アートの作品をお手頃な価格帯で販売できるんですか?

よりたくさんの人に自分の作品を所有してたのしんでほしいってアーティストたちはよく思っていると思うんだ。Nate Lowman (ネイト・ロウマン) の版画を2回取り扱ったことがあるんだけど、彼のもとで働いているアシスタントたちのほとんどは彼の作品をひとつだけでも買うことができない。高すぎるから。でも版画だったら安く手に入るよね。Nateにとっても、より彼のライフスタイルに近い人や、友人たちに作品を買ってもらう機会が増えていいと思うよ。

—なぜVACANTで今回のポップアップ・ストアをやることになったのですか?

ニューヨークの友人Ken Miller (ケン・ミラー) に紹介してもらったんだ。彼が以前VACANTで展覧会をしたことがあって、VACANTのナオキと会ったほうがいいって言ってくれたんだ。Kenのおかげだね。

—東京に来たのは初めてですか?

5年くらい前に東京に来たことがあって、VACANTの場所に来たことがあるんだ。前は古着屋だったかな。東京ではいろいろなアート展に行ったことことがあるよ。森美術館でやっていたViktor & Rolf (ヴィクター&ロルフ) の展覧会は最高だったね。あと、チャンスがあればRAT HOLE GALLERY (ラットホール・ギャラリー) にいつも行くようにしているよ。

—世界中にあるギャラリーのなかで、一番好きなギャラリーはどこですか?

Gagosian Gallery (ガゴシアン・ギャラリー)、世界一のギャラリーさ。今度そこから僕が取材したアーティストたちのインタビュー記事をまとめた本が12月に出版されるんだ。Ed Ruscha (エド・ルシェ) やJeff Koons、Richard Prince (リチャード・プリンス)、Nate Lowman、John Currin (ジョン・カリン) たちを取材したんだ。以前雑誌の方で取材した記事も含まれていて、『Purple』用にDamien Hirst (ダミアン・ハースト) とJay-Z (ジェイ・ジー) をインタビューした記事も入っているよ。Gagosian Galleryがいろいろなインタビュー記事を集めて、そこに僕が新しいものを足した感じなんだ。すごくうれしいよ。写真が一切掲載されていない本を出すのは彼らにとっても初めての試みで、本の名前は「Image Coming Soon: Interviews with Artists」っていうんだ。表紙はAdam McCune (アダム・マッキューン) が手がけてくれたよ。

—日本ではあまりみんなアート作品を買いません。相続税が高かったりするからでしょうか。米国では若者がアート作品を買ったりするのはよくありますか?

80~90年代にファッションの世界で起こったことがこの年代でアートの世界でも起こってほしいと思っているんだ。これまでの若者世代以上に、いまの若者はアートに興味を持っていると思うけど、かなしいことにみんなもう死んでしまっているアーティストたちの名前しかしらなかったりするんだよね。Andy Warhol (アンディ・ウォーホール) だったり、Picasso (ピカソ) だったり、Vincent van Gogh (フィンセント・ファン・ゴッホ) とかね。現代のアーティストたちの名前も覚えられたらいいなと思うよ。日本でも同じ感じかな?みんな村上隆や奈良美智、アラーキーとかは知っているんだよねきっと。

—いまなにに取り組んでいますか?

さっき言ったGagosian Galleryとの本と、11月2日にHALF GALLERYでローンチするLucien Smithの個展の準備だよ。あと、12月にはマイアミのアート・バーゼルで開催される奈良のアートフェアでブースを作るつもりなんだ。

—ニューヨークでおすすめのスポットを3つ教えてください。

一つ目はDashwood Books (ダッシュウッド・ブックス)。写真集を扱っている最高の本屋なんだ。二つ目はACME (アクメ) という新しいレストランで、ここに飾るアートのコンサルティングをしたんだ。Indochine (インドシナ) っていうレストランと同じオーナーがやっているよ。ACMEではExhibition Aの版画が飾られていたり、オリジナルの彫刻も展示されていて、地下にはカッコいいバーがある。三つ目は、友達のLeo Fitzpatrick (レオ・フィッツパトリック) がやる展覧会かな。今晩National Exemplar Gallery (ナショナル・イグザンプラー・ギャラリー) でオープニングがあるんだ。彼は映画「Kids (キッズ) 」にも出演していたんだよ。

<プロフィール>

Bill Powers (ビル・パワーズ) / ニューヨークにてHALF GALLERYをAndy Spade (アンディ・スペード) とJames Frey (ジェイムズ・フレイ) とともに運営。同ギャラリーの過去のクライアントにはChloë Sevigny (クロエ・セヴィニー)、 Daphne Guinness (ダフネ・ギネス)、KAWS (カウズ)、Mario Sorrenti (マリオ・ソレンティ) などといった有名人が名を連ねている。また、『The New York Times (ザ・ニューヨーク・タイムズ) 』『Vanity Fair (ヴァニティ・フェア) 』『Purple Fashion (パープル・ファッション)』『W magazine (ダブリュー・マガジン)』などといった媒体にも寄稿している。

 

Exhibition A is the members-only online art store which offers works by renowned artists to art-loving customers at reasonable prices, starting from $100. Launched in 2010, this project aims to nurture new purchasers of art. Every art piece on the site is sold in limited quantities with no reprints. Having organized successful pop-up stores at Gagosian Gallery, Barneys New York and colette, Exhibition A is currently running a pop-up store at VACANT in Harajuku, Tokyo (until October 31). We landed the chance to speak with Bill Powers, one of the founders of this amazing online art project and an owner of HALF GALLERY in New York.

—Please tell us a bit about yourself and your background.

I have HALF GALLERY in New York. We’ve done art shows there with figures like Terry Richardson, Rene Ricard, Hanna Liden, David Armstrong and Craig McDean. It’s a good mix. Our next show is with this young guy called Lucien Smith. VACANT gallery is bigger than HALF GALLERY, but it feels like it’s got the same spirit, so I’m happy to be here.

—How did you get into contemporary art?

I wrote for magazines and still do. I contribute to Purple, Muse and S magazines. I also write for the New York Times, mostly about art. Through that, I got interested in collecting and opening a gallery.

—Did you study art at university?

No, I just took one class! In New York, there’s so much art going on that you can teach yourself if you have the curiosity.

—Why did you decide to launch Exhibition A like a boutique?

I always thought you had to be very rich to collect art or to have art in your house. Have you heard of Alleged gallery in New York? They showed all these guys like Barry McGee and Chris Johanson and you could get a little drawing for two hundred dollars. Maybe you couldn’t get a Jeff Koons sculpture, but I realized that it is possible to get art by your contemporaries and that you don’t have to be rich. I thought that was interesting because I didn’t know this when I was younger.

—How is it possible to sell artworks by pop artists at such reasonable prices?

I think a lot of times, the artists like having something that more people can collect. We’ve done two prints with Nate Lowman. Most of the guys who work for him as assistants could never buy one of his paintings because it’s too expensive, but they can get a print for less. It’s maybe a way for him to reach an audience that’s more like his lifestyle and his group of friends.

—How did you decide to launch this event at VACANT gallery?

Ken Miller introduced me. I knew Ken from New York; we both worked at different magazines. Ken curated a show here and said I should hook up with Naoki of VACANT, so I’m grateful to him.

—Is this the first time you’ve visited Tokyo?

I remember being in this place when it used to be a vintage clothing store, maybe five years ago. I’ve been to a lot of art shows in Tokyo. The Mori Art Museum had a great Viktor and Rolf show which I loved. I usually try and go by RAT HOLE GALLERY if I can.

—Which gallery is your favorite in the world?

Gagosian Gallery, the biggest gallery in the world. They are putting out a book of mine that’s all my interviews with artists. That will be out in December. I did interviews with Ed Ruscha, Jeff Koons, Richard Prince (who did my book cover), Nate Lowman, John Currin, etc. Some of those interviews are from magazines. There’s one with Damien Hirst and Jay-Z that was first in Purple magazine. They put all those interviews together and I added a few new ones. I’m very grateful. It’s the first time the Gagosian has done a book where there’s no pictures; it’s only interviews. It’s called ‘Image Coming Soon: Interviews with Artists’ and Adam McCune did the cover.

—In Japan, buying art isn’t that common because we have really high inheritance tax. What about in the States? Is it common for young people to buy art?

I hope that what happened with fashion in the 80s and 90s, where it used to be only for a very small group of people, will happen with art in this decade. I think young people may be more interested in art than they have been in past generations, but I think it’s sad that when you ask most people to name some artists, they can only name dead artists like Andy Warhol, Picasso and Van Gogh. It would be nice if people could name some living artists. That’s in Japan too, but I guess in Japan, people know Murakami, Nara and Araki.

—What are you working on right now?

There’s the Gagosian book I mentioned and Lucien Smith is our next show at HALF GALLERY, opening on November 2. I’m going to do a booth at the Nara art fair in Miami in December, which is part of Art Basel Miami.

—Can you recommend three cool spots in New York for us?

There’s Dashwood Books, a great photography bookstore in New York. I did some art consulting for this restaurant called ACME. ACME has the same owner as Indochine, but it’s a newer restaurant. They have Exhibition A prints, but also some original sculpture. There’s a cool bar down in the basement. As for the third place… a friend of mine, Leo Fitzpatrick, has an opening tonight. He was in the movie ‘Kids’, but he’s also an artist and he has an opening in New York at the National Exemplar Gallery tonight.

<profile>

Bill Powers runs HALF GALLERY in New York with Andy Spade and James Frey. The gallery has a list of famed clients, including Chloë Sevigny, Daphne Guinness, KAWS and Mario Sorrenti. Powers also writes for The New York Times, Vanity Fair, Purple Fashion and W magazine.

 

share