PVCコーティング コットンブレンド レインコート ¥164,700 *輸入関税およびその他諸税込み

editor's pick: rain goods
Kassl Editions

【編集部セレクト】 アムステルダム発のサステナブルな新進気鋭ブランドのレインコート

Kassl Editions

editor's pick: rain goods
Kassl Editions

【編集部セレクト】 アムステルダム発のサステナブルな新進気鋭ブランドのレインコート

PVCコーティング コットンブレンド レインコート ¥164,700 *輸入関税およびその他諸税込み

ここ数年、ぐんとおしゃれなレインコートがよく目につくようになった。どうしても老舗メーカーの専売特許というイメージが強かったレインコートだが、PVC素材の流行やフェスファッションへの関心が例年高まっている影響もあってか、ファッションフォワードなデザインが急増中。

今気になっているアムステルダム発の気鋭ブランド Kassl Editions (カッスル エディションズ) でも素敵なレインコートを発見。まるでクッションのようなボリューム感の「オイル」トートバッグが人気で、もしかしたら見かけたことがある人もいるかもしれない(わたしはベージュカラーを愛用中)。

この Kassl Editions は2017年にスタートした出来たてほやほやのブランドで、毎シーズン1着のコートを制作することを目的としたユニークなコンセプトが面白い。5年ごとに開催される現代美術展「ドクメンタ」でも有名なドイツのカッスルにある工場との綿密にコミュニケーションをとり、サステナブルな生産、商品づくりに積極的に取り組んでいる(バッグはコートの生産で余った切れ端を使用)。少数精鋭だからこそこだわり抜かれた品質、シルエット、ディテールは、実際に袖を通して感じたい。リバーシブルでも楽しめるこのレインコートは、スリーブが着脱可能となっていて、シーズン関係なく長いお付き合いができそう。 (編集 M)

share