history of BOTTEGA VENETA

1966年、ミケーレ・タッディとレンゾ・ゼンジャロがイタリア北部ヴェネト州ヴィチェンツァで創業。

BOTTEGA VENETA

Bottega Veneta was established in 1966 in Vicenza (located in the Veneto region of northeastern Italy), by Michele Taddei and Renzo Zengiaro. The province had many artisans of leathercrafts, and they opened the workshop staying true to craftsmanship and traditional techniques. They don’t have a brand logo due to the founder’s belief that their initials are strong enough to represent for the brand. The company developed a distinctive leather weave design, called “Intrecciato”, widely associated with the brand. Since 2001 they have joined Gucci Group (now known as Kering), assigning Tomas Maier as creative director, who has experience working in brands such as Hermès. The brand established its status as the producers of luxury leather goods, as well as apparel and accessories. Since 2018, Daniel Lee, who has experience working in Celine, Balenciaga and Maison Margiela has been assigned creative director, drawing attention for his distinctive ideas.

1966年、ミケーレ・タッディとレンゾ・ゼンジャロがイタリア北部ヴェネト州ヴィチェンツァで創業。この地方には革職人が多く、彼らが開いたのもまた伝統技術とクラフトマンシップに根ざした工房だった。「自分のイニシャルだけで十分」というブランドの精神を貫き、ロゴではなく技術を前面に出した作りが特徴。なめし革の革紐を編み込んだバッグ「イントレチャート」は、ボッテガ・ヴェネタのアイコン的アイテム。2001年からはグッチグループ (現ケリング) に入り、クリエイティブ・ディレクターにエルメスなどで経験を積んだトーマス・マイヤーが就任。高級皮革製品をはじめ、ウェアやアクセサリーまでトータルで展開するラグジュアリーブランドとしての地位を確立した。2018年からイギリス出身のダニエル・リーがクリエイティブ・ディレクターに就任。セリーヌやバレンシアガ、メゾン マルジェラなどで経験を積んだリーによるフレッシュな提案が注目を集める。

設立年 1966
本社 Milan, Italy
クリエイティブ・ディレクター ダニエル・リー
ウェブサイト www.bottegaveneta.com
SNS
share