history of BURBERRY

1856年、トーマス・バーバリーが21歳の若さでイリギス・ロンドンに開業。

BURBERRY

The brand was founded in 1856 in London, England by Thomas Burberry, when he was only 21 years old. In 1879 he developed a fabric called Gabardine (in which he acquired patent in 1888), which is able to correspond to all kind of weather. The brand gained authority with the production of the “trench coat”, made to fit British officers as their uniform, as well as becoming part of the Royal Warrant holders. In 1998 they invited Roberto Menichetti as their creative director, announcing their “Burberry Prorsum Collection” (in 2016 unified as “Burberry”). In 2001 Christopher Bailey was assigned creative director, establishing the brand’s position as a luxury brand. In 2014, Bailey became the president and the chief creative officer of the brand while being involved in the brands’ creation, but transferred the management to Marco Gobbetti and left the brand in 2018. In the same year, Italian designer Riccardo Tisci was assigned chief creative director, inheriting the brand’s innovative spirit.

1856年、トーマス・バーバリーが21歳の若さでイリギス・ロンドンに開業。1879年にはあらゆる天候に対応する素材ギャバジンを考案 (1888年特許取得)。のちにトレンチコートへと発展を遂げていくとともに、英国陸海軍への制服採用、イギリス王室御用達となるなど、権威あるブランドへと成長。1998年、クリエイティブ・ディレクターにロベルト・メニケッティを迎え、コレクションライン「バーバリー・プローサム・コレクション」(2016年に「バーバリー」に統一) を発表。2001年、クリストファー・ベイリーが就任し、ラグジュアリーブランドとしての地位を確立。2014年、ベイリーはプレジデント兼チーフ・クリエイティブ・オフィサーとして経営とクリエーションに関わるが、2017年に経営をマルコ・ゴベッティに引き継いで2018年退職。同年、後任のチーフ・クリエイティブ・オフィサーにイタリア人デザイナー、リカルド・ティッシが就任。創始者が大切にした進化と革新は、ティッシへとバトンが引き継がれた。

設立年 1856
本社 London, England
チーフ・クリエイティブ・オフィサー リカルド・ティッシ
ウェブサイト jp.burberry.com
SNS
share