history of CELINE

1945年、セリーヌ・ヴィピアナがフランス・パリに子供用の靴専門店を創業したのがはじまり。

CELINE

Celine was originally founded by Celine Vipiana in 1945 in Paris, France as a made-to-measure children’s shoe brand. In 1959 they began producing ladies’ shoes, and in 1967 began their Prêt-à-Porter line. With their sophisticated and cultivated design, the brand soon became a representative existence of Paris BCBG. Since the 90s, variety of designers such as Michael Kors were assigned role of creative director; from 2008 until 2017, Phoebe Philo served the role. In 2018, Hedi Slimane, who gained enthusiastic fans during his time at Dior Homme and Saint Laurent was assigned the position; Hedi began the brand’s menswear line, as well as changing the traditional logo. He gained a favourable reputation by restoring the brand’s heritage design “MORS”, based off a horse riding harness, as well as their symbolic emblem “TRIOMPHE”, which was designed in 1972.

1945年、セリーヌ・ヴィピアナがフランス・パリに子供用の靴専門店を創業したのがはじまり。1959年にレディスシューズ、1967年からプレタポルテをスタート。ベーシックで上品なデザインで、パリのBCBGの代名詞的ブランドとなる。1990年代以降、マイケル・コースをはじめ、さまざまなデザイナーがクリエイティブ・ディレクターに就任。2008年から2017年まではフィービー・ファイロが務めた。2018年にはディオール・オムやサンローランで熱狂的なファンを獲得しファッション界に旋風を巻き起こしたエディ・スリマンが就任。エディの就任と共にロゴも刷新し、メンズウェアもスタート。創業時に誕生した馬具のモチーフ「モルス」や、1972年に誕生したシンボルマーク「トリオンフ」を復活させ好評を博している。

設立年 1945
本社 Paris, France
クリエイティブ・ディレクター エディ・スリマン
ウェブサイト www.celine.com
SNS
share