history of CHANEL

ウエア、シューズ、ジュエリー、バッグ、時計、コスメティックなどを展開するフランスのラグジュアリーブランド。

CHANEL

Chanel is a French high fashion house that specializes in haute couture and ready-to-wear clothes, luxury goods, fashion accessories and cosmetics. It was founded by Gabrielle Chanel (Coco Chanel) in 1909 as a women’s only millinery shop. In 1919 their first haute couture show as a couturier was held, and in 1921 the iconic perfume and world best seller “No.5” was released. The brand is known for women’s suits created with tweed, traditionally used only for men’s suits, and it’s iconic styles such as the little black dress and their quilted bags. After Chanel’s death in 1971, Karl Lagerfeld took over as chief designer. Virginie Viard, who has worked with Lagerfeld for 30 years in fashion, is now the brand’s artistic director.

ウエア、シューズ、ジュエリー、バッグ、時計、コスメティックなどを展開するフランスのラグジュアリーブランド。1909年ガブリエル・シャネル (通称ココ・シャネル) が女性用の帽子専門店を開業したのがはじまり。1919年にはクチュリエとしてオートクチュールを発表。1921年に現在も世界的ベストセラーを誇る香水「シャネル N°5」を発表。伝統的な紳士服の生地であるツイードを女性用のスーツに用いたのをはじめ、リトルブラックドレス、キルティングバッグなど現在のシャネルのアイコンとなる数々のスタイルを生み出した。1971年に他界後、1983年からカール・ラガーフェルドが継承。2019年にラガーフェルド死去後は、30年来ラガーフェルドの右腕として共に仕事をしてきたヴィルジニー・ヴィアールがアーティスティック・ディレクターを務める。

設立年 1909
本社 Paris, France
アーティスティック・ディレクター ヴィルジニー・ヴィアール
ウェブサイト www.chanel.com
SNS
share