history of GIORGIO ARMANI

1975年、ジョルジオ・アルマーニがセルジオ・ガレオッティと共に会社を設立。

GIORGIO ARMANI

The brand was founded in 1975 by Giorgio Armani and Sergio Galeotti. Armani was born on 1943 in Piacenza. He studied medicine at university, but was forced to quit due to conscription. After serving in the
military, he worked as a buyer in La Rinascente, Milan, then became a designer for “Hitman”, a menswear line produced by Nino Cerruti Company. After founding his own brand, he designed the costume for Richard Gere in the film “American Gigolo”, which rapidly brought him fame. The brand inspired the industry, making impact with their distinctive suits and jacket designs. The brand have now expanded into many labels such as “EMPORIO ARMANI” and “A|X ARMANI EXCHANGE”, distincted by their target audience. In 2005 they began a haute couture line “ARMANI PRIVÉ”.

1975年、ジョルジオ・アルマーニがセルジオ・ガレオッティと共に会社を設立。アルマーニは1934年、ピアチェンツァ生まれ。大学では医学部に入学するが兵役のため中退。兵役後、ミラノの百貨店リナシェンテでバイヤーとして働き、その後ニノ・セルッティ社のメンズウエア「ヒットマン」のデザインを手がけた。ブランド設立後、1980年に映画『アメリカン・ジゴロ』でリチャード・ギアの衣装を担当し、一躍有名になる。アルマーニが作り出すソフトスーツは世界中を魅了し、「ジャケットの帝王」や「ミラノの帝王」などと呼ばれ、ファッション界に多大な影響を与えた。メインブランドの「ジョルジオ・アルマーニ」を筆頭に、「エンポリオ・アルマーニ」「A|Xアルマーニ・エクスチェンジ」などターゲットやシーンに応じてブランドを展開。2005年、オートクチュールライン「アルマーニ・プリヴェ」もスタート。

設立年 1975
本社 Milan, Italy
創業者/デザイナー ジョルジオ・アルマーニ
ウェブサイト www.armani.com
SNS
share