history of FENDI

1925年、エドアルドとアデーレ・フェンディ夫妻がイタリア・ローマにて皮革製品店を創業。

FENDI

Fendi was launched in 1925 by Adele and Edoardo Fendi as a fur and leather shop in Rome, Italy. The pair gained their reputation by introducing fur coats inspired by fur collars that were popular in Hollywood at the time. In the 40s, their five daughters Paola, Anna, Franca, Carla and Alda joined the company and the brand quickly developed. In 1965, Karl Lagerfeld, only 27 at the time, was assigned the brand’s chielf designer until his death in 2019; many iconic items were produced, and the brand had acquired a place amongst other top luxury brands representing Italy. After Lagerfeld’s death, the third generation of the Fendi family, Silvia Fendi unified and directs all of the brand’s designs. Silvia has worked with Lagerfeld since 1992, known for it-bags such as the Baguette and Peekaboo.

1925年、エドアルドとアデーレ・フェンディ夫妻がイタリア・ローマにて皮革製品店を創業。当時ハリウッドで流行っていた毛皮の襟巻きに注目した夫妻は、そこから発展させた毛皮のコートを販売し評判を呼ぶ。1940年代には夫妻の5人の娘たち (パオラ、アンナ、フランカ、カルラ、アルダ) が経営に参加し急成長を遂げる。1965年には当時まだ27歳の新進デザイナーだったカール・ラガーフェルドを主任デザイナーに抜擢。以降、2019年までの長きに渡り数々のヒット作を生み出し、イタリアを代表するラグジュアリーブランドとしての地位を確立した。ラガーフェルドの死後、フェンディ家3代目シルヴィア・フェンディがすべてのデザインを統括。シルヴィアは1992年からラガーフェルドと共に活躍し、アイコンバッグ「バゲット」「ピーカブー」などヒット商品を生み出したことでも有名。

設立年 1925
本社 Rome, Italy
クリエイティブ・ディレクター シルヴィア・フェンディ
ウェブサイト www.fendi.com
SNS

Timeline

1925

エドアルドとアデーレ・フェンディ夫妻がイタリア・ローマにて皮革製品店を創業

1965

カール・ラガーフェルドが、ファーのデザイナーに就任

1983

©︎ Fendi

2色のストライプからなるモチーフ「ペカン」が誕生
1997

アイコンバッグ「バゲット」誕生

2008

アイコンバッグ「ピーカブー」初登場

share