sponsored
TOD'S
Spring Summer 2021 with Elaiza Ikeda & Yosuke Sugino

トッズの色 vol.3 池田エライザと杉野遥亮

TOD'S
Spring Summer 2021 with Elaiza Ikeda & Yosuke Sugino

model: elaiza ikeda & yosuke sugino
photography: kisshomaru shimamura
styling: kazuhide umeda
hair: kotaro
makeup: kie kiyohara
text: miwa goroku
edit: miwa goroku & waki motoyama

TOD’S (トッズ) のクリエイティブ・ディレクター Walter Chiapponi (ヴァルター・キアッポーニ) が、ウィメンズとメンズの両方を統括するようになって2シーズン目。ミラノコレクション期間中にデジタル発表となった2021年春夏は “THE SONG” をテーマにシンガーソングライターの Okay Kaya (オケイ・カヤ) を迎え、彼女の歌声が人と人を画面越しにつないでいく、そんなぬくもりに満ちた新しいイメージを創出した。アイコンバッグとシューズが新たに加わり、カラーパレットはさらに鮮やかに。フレッシュに進化した新作を、池田エライザと杉野遥亮が着こなす。(第3回/全4回)

TOD'S
Spring Summer 2021 with Elaiza Ikeda & Yosuke Sugino

トッズの色 vol.3 池田エライザと杉野遥亮

ニットやシルクなどの柔らかな素材使いに惹かれる TOD’S の新シーズン。ゆったりとしたシェイプの服を、池田エライザはホワイトのワントーンでエフォートレスに、ナチュラルなムードで着こなしてくれた。薄手のコートはさらりと羽織ってノンシャランに、ベルトを締めれば、パンツのシルクの艶感とあいまってドレスアップの路線にも行けるエレガントな仕立て。グラディエーター風のブーツは足を出し入れするだけで簡単に着脱できるデザインなので、いろんなボトムスとの組み合わせでロングシーズン楽しめそう。エライザ本人もお気に入りの1足。

杉野遥亮のスタイリングも、足元からスタート。vol.1 の白いスニーカー、vol.2 のダッドスニーカーに続き、今回はヌバック製のスリッポンを素足に滑らせるように履く。そこにリネンのパンツ、白シャツ、シンプルな太畝ニット、そしてフード付きのシープスキンのウィンドブレーカーをレイヤード。それぞれのアイテムはカジュアルでありながら、ニュートラルなカラーでまとめていくと、シーズンの旬を感じるフレッシュなスタイルが完成する。

(elaiza) コート ¥219,000、ニット ¥76,000、パンツ ¥163,000、ベルト ¥56,000、ブーツ ¥129,000
(yosuke) ウィンドブレーカー ¥323,000、シャツ ¥53,000、ニット ¥89,000、パンツ ¥76,000、スリッポン ¥76,000/すべてTOD’S (トッズ)

ウエアに合わせて、バッグも爽やかなホワイトをセレクト。しなやかな曲線と柔らかな手触りに、レザーの上質を感じる新作は、TOD’S のアイコンである手縫いのステッチが入っている。シャツ バッグの名の通り、普段使いできる軽やかさを備えながら、置いたときの佇まいがオーセンティックで美しい。

シャツ バック ¥159,000/TOD’S (トッズ)

share