sponsored
alexander mcqueen
with ai tominaga

凛とした花のように。冨永愛が魅せるアレキサンダー マックイーン vol.3

alexander mcqueen
with ai tominaga

model: ai tominaga
photography & videography: genki nishikawa
styling: shohei kashima
hair: dai michishita
make up: yuka washizu
edit & text: manaha hosoda

Alexander McQueen (アレキサンダー マックイーン) のバトンが Sarah Burton (サラ・バートン) に渡ってから早11年。時には力強く大胆に、ある時は柔らかく繊細に、様々な表情をあわせ持つ女性像を鮮やかに描き出してきた。2021年秋冬コレクションのテーマは、「最も儚く、短命な花」 アネモネ。こんな時代だからこそ美しいものの必要性を強調する Sarah Burton は、アネモネの刹那的な美しさをドレスの上に表現することで、永久に続く美を約束した。地にしっかりと根をはり、空へまっすぐのびる花のように、凛とした芯の強さで人々を惹きつけてやまない冨永愛が Alexander McQueen をしなやかに着こなす(第3回/全4回)。

alexander mcqueen
with ai tominaga

凛とした花のように。冨永愛が魅せるアレキサンダー マックイーン vol.3

ドレス ¥464,200、ベルト ¥143,000、ブーツ ¥123,200/すべて Alexander McQueen (アレキサンダー マックイーン)

デイリーな装いからパーティーシーンまで活躍してくれる新作バッグ「バンドル」 ¥203,500/Alexander McQueen (アレキサンダー マックイーン)

滑らかな手触りの上質なカーフスキンを用いた「バンドル」は、ドローストリングを採用してリュクスな仕上がりに。長さが調整できるストラップで、シーンに応じて自由にカスタムを楽しめるメゾンの新たなアイコンバッグだ。

身体のラインにフィットして、センシュアルなムードを演出するニットドレス。美しい光沢を放つプリーツに、淡い色彩のフラワープリントがロマンティックな気分をさらに盛り上げる。ウエストはレザーのベルトでマークすれば、甘いだけじゃないコントラストの効いた Alexander McQueen らしいスタイルが完成する。

share