LOEWE Presents "Chance Encounters Ⅲ" Exhibition In Miami

ジョナサン・アンダーソンが選んだアーティストが一堂に会する美術展をロエベが開催

LOEWE Presents "Chance Encounters Ⅲ" Exhibition In Miami
LOEWE Presents "Chance Encounters Ⅲ" Exhibition In Miami
News/

ジョナサン・アンダーソンが選んだアーティストが一堂に会する美術展をロエベが開催

LOEWE Presents "Chance Encounters Ⅲ" Exhibition In Miami

LOEWE Foundation (ロエベ ファンデーション) がシリーズ3回目となる『チャンス・エンカウンターズ』展を開催する。

© LOEWE

© LOEWE

LOEWE Foundation (ロエベ ファンデーション) がシリーズ3回目となる『チャンス・エンカウンターズ』展を開催中だ。

『チャンス・エンカウンターズ』展は、様々な分野のアーティストが一堂に会するエキシビション。今年は、Sara Flynn (サラ・フリン)、Richard Smith (リチャード・スミス)、Lionel Wendt (ライオネル・ウェンド) の作品が LOEWE の Miami Design District (マイアミ・デザイン・ディストリクト) の店内に展示される。同店は、ポルトガルで18世紀に建てられた”ホレオ”と呼ばれる穀物倉を移設して建てられたもの。石と木材で出来た内装がアーティストの作品たちと共鳴し、完璧な空間に仕上げられている。

Jonathan Anderson (ジョナサン・アンダーソン) が選んだ3人のアーティストは、織布彫刻、陶芸、写真という分野はもちろん、活動期間も1930年代から現代までと全く異なっているが、フォルムが生み出す陰影と相互作用という LOEWE Foundation の中心的な理念を共通して備えている。

アイルランド人アーティストの Sara Flynn は、2015年の Lucie Rie (ルーシー・リー)、2016年の John Ward (ジョン・ウォード) に続いて、本展のために陶芸作品を制作。彼女は、2017年に開催された第1回ロエベ クラフト プライズのファイナリストにも選出されていた。

1950年代後半より第一線で活躍してきたアーティストの Richard Smith は、1975年に制作された代表作「Shuttle」を展示。Richard Smith の作品は、現在マドリードにある LOEWE の旗艦店にも展示されている。

そして、歴史にその名を残すスリランカのフォトグラファー Lionel Wendt の貴重な写真シリーズも展示。1944年に死去し、その早すぎる死に多くの人が衝撃を受けた鬼才の Lionel Wend は、1990年代にプリントが再発見されたことで、その革新的な作品が再評価され、現在ではモダニスト写真の第一人者の一人とされている。彼の写真は、LOEWE の2017年秋冬コレクションのセットの一部としても使われていた。

Jonathan Anderson は本展について、以下のようにコメントしている。
「アートとクラフトは常に私のクリエイティブなプロセスの中心にあり、こうしたエキシビションは、私にとって重要な存在であるアーティストたちを探し出すエキサイティングな方法です。私は、全く違う世界の人々が集まる時に起こる予期せぬことが好きです。互いに反目し合うことで何か全く新しいものを生み出すことができるのです」

展覧会情報
展覧会名 チャンス・エンカウンターズ展 Ⅲ
会期 2017年12月4日~2018年2月4日
場所 ロエベ マイアミ デザイン ディストリクト店
住所 110 NE 39th Street, Suite #102, Miami, Florida 33137
HP www.loewe.com
share