Keiko Onose's CYCLAS Makes A Runway Debut At Paris Fashion Week

注目の日本ブランド CYCLAS (シクラス) が、パリコレクションの公式スケジュールにて2019年秋冬のショーを開催

Keiko Onose's CYCLAS Makes A Runway Debut At Paris Fashion Week
Keiko Onose's CYCLAS Makes A Runway Debut At Paris Fashion Week
News/

注目の日本ブランド CYCLAS (シクラス) が、パリコレクションの公式スケジュールにて2019年秋冬のショーを開催

Keiko Onose's CYCLAS Makes A Runway Debut At Paris Fashion Week

by Mikiko Ichitani

2016年シーズンよりスタートしたクリエイティブディレクター小野瀬慶子が手掛ける CYCLAS (シクラス) が、フランスオートクチュール・プレタポルテ連合協会の正式認定のもと、2月25日から3月5日に開催されるパリコレクション期間中に、公式スケジュールにおいてブランド初のファッションショー形式で 2019AW コレクションを披露することを発表した。

2016年シーズンよりスタートしたクリエイティブディレクター小野瀬慶子が手掛ける CYCLAS (シクラス) が、フランスオートクチュール・プレタポルテ連合協会の正式認定のもと、2月25日から3月5日に開催されるパリコレクション期間中に、公式スケジュールにおいてブランド初のファッションショー形式で 2019AW コレクションを披露することを発表した。

2016年1月に展示会形式でパリでデビューを果たして以降、パリを拠点にプレゼンテーション形式でコレクションを発表してきた CYCLAS。知的で大胆でありながらも、繊細でフェミニンな面を持つ現代の凛とした女性像を掲げ、その多様なライフスタイルのためにデザインされたコレクションは、洗練されたデザインと国内生産にこだわった正確さ、上質な素材を使用することで、ミニマルでファッションコンシャスな現代を生きる多くの女性たちから支持を受けてきた。

2018年秋冬コレクションからは、フランスオートクチュール・ プレタポルテ連合協会より認定され、公式スケジュールにてプレゼンテーションを発表。もともとグローバルでの評価の高いブランドだが、ブランドスタートから計6シーズンという速さで、公認のショーとして認定を受けたことでより大きな注目を集めることは間違いないだろう。CYCLAS の快進撃に今後も注目してゆきたい。

HP: cyclas-official.com

share