Viktor&Rolf Spring Summer 2019 Haute Couture Collection

Viktor&Rolf (ヴィクター&ロルフ) 2019年春夏オートクチュール コレクション、痛快なメッセージドレス

Viktor&Rolf Spring Summer 2019 Haute Couture Collection
Viktor&Rolf Spring Summer 2019 Haute Couture Collection
News/

Viktor&Rolf (ヴィクター&ロルフ) 2019年春夏オートクチュール コレクション、痛快なメッセージドレス

Viktor&Rolf Spring Summer 2019 Haute Couture Collection

by Terumi Hagiwara

Viktor&Rolf (ヴィクター&ロルフ) 2019年春夏オートクチュール コレクションをファッションディレクター萩原照美がレポート。

「オートクチュールこそ100%デザイナーが作りたい服を作れるコレクション」と脱プレタポルテ、ファッションアーティスト宣言をして発表を続けている Viktor&Rolf (ヴィクター&ロルフ) が、ユニークなコレクションを発表した。

登場したグラデーションカラーのチュールを重ねた繊細なロングドレスに、大きな文字で「NO PHOTOS PLEASE」書かれている。思わず客席はアイフォンでパチパチとシューティング。メッセージ付ドレス18体はデザイナーの狙い通り、みんなのインスタグラムに即刻発信された。

2018年春夏ロンドン、JW ANDERSON (JWアンダーソン) のコレクションには客席に「YOUR PICTURE OUR FUTURE」と書かれたバッジが置いてあった。「なんと素直な言葉。そういう時代になったのね」と思ったが、今回のヴィクター&ロルフはユーモアたっぷりのメッセージだった。

ドールドレスのようなパフスリーブの純白ドレスには「I’m not SHY I JUST DON’T LIK YOU」と書かれサーモンピンクのハートスリーブのドレスには胸のハートマークに「GET MEAN」と書かれている。

美しいカラーチュールを重ねたボリューム袖とフリルいっぱいのドレスがバリエーション豊かに並ぶ。

「I AM MY OWN MUSE」私こそ自分のミューズ。もっと自分らしく自由にファッションを楽しんでいいはず。フィナーレは、太陽マークに「I WANT A BETTER WORLD」の裾まわり8メートルあるロマンティックドレスだった。

HP:www.viktor-rolf.com

share