Tadao Ando's New Exhibition To Be Hold At Armani/Silos

安藤忠雄の軌跡を辿る展覧会「Tadao Ando. The Challenge」がアルマーニ / シーロスにて開催へ

Tadao Ando's New Exhibition To Be Hold At Armani/Silos
Tadao Ando's New Exhibition To Be Hold At Armani/Silos
News/

安藤忠雄の軌跡を辿る展覧会「Tadao Ando. The Challenge」がアルマーニ / シーロスにて開催へ

Tadao Ando's New Exhibition To Be Hold At Armani/Silos

by Manaha Hosoda

Armani (アルマーニ) が安藤忠雄の”挑戦”に迫る展覧会「Tadao Ando. The Challenge」を4月9日より Armani / Silos (アルマーニ / シーロス) にて開催することを発表した。

Armani/Silos | © Emporio Armani

Armani/Silos | © Emporio Armani

Armani (アルマーニ) が安藤忠雄の”挑戦”に迫る展覧会「Tadao Ando. The Challenge」を4月9日より Armani / Silos (アルマーニ / シーロス) にて開催することを発表した。

世界最大規模の家具見本市、ミラノ・サローネの開催期間にあわせて開催される本展は、2018年に開催されたパリのポンピドゥー・センターでの展示を再編成。安藤忠雄の建築の原点である住宅「住吉の長屋」から始まり、30年余り関わり続けてきた「直島の一連のプロジェクト」、そして現在進行中のパリの「ブルス・ドゥ・コルスメ」まで、稀代の建築家の挑戦の軌跡と未来の展望を追う。

本展では、アルマーニとのコラボレーションとなる「アルマーニ/テアトロ」も初公開。同作は、日本人の深い感受性、そして安藤忠雄の建築哲学と緻密な空間構成に感銘を受けた Giorgio Armani (ジョルジオ・アルマーニ) が依頼。安藤忠雄によってミラノのベルゴニョーネ通りに設計され、2001年に完成した多目的空間だ。

Giorgio Armani は安藤忠雄について下記のように語っている。
「安藤忠雄の建築では、鉄、コンクリートといった質量のある物質が、人々を歓喜にいざなうものに変化させるように感じる。彼の光の使い方、その空間を特徴づける構成の組み立て方が素晴らしい。彼は、誰もが認める美しい感性をもった稀代の建築家である。彼の感性は私が求めるものにとても近い。彼によって創造される空間は素晴らしく、再び彼と仕事ができることは大変楽しみである。『アルマーニ / シーロス』という、簡素で洗練された心に訴えかける創造空間は、彼の仕事を披露するのに最適な場所だ。」

展覧会は「空間の原型」「都市への挑戦」「風景の創造」「歴史との対話」という4セクションで構成され、スケッチやドローイング、模型や映像などの資料により、50 以上のプロジェクトが紹介される。また、安藤忠雄の創造の原点でもある「旅」のスケッチと安藤自身が撮影した写真も同時に展示されるという。

「デザイン大国イタリアの中心、ミラノで、自身の建築思想を人々に問う。この素晴らしい機会を、アルマーニ / シーロスという最高の会場と共に与えてくれたジョルジオ・アルマーニ氏には感謝の気持ちしかない。展覧会場に並ぶのは、半世紀にわたる私の建築の挑戦である。このイベントが、デザインの未来の文化的発展に少しでも貢献できれば幸いに思う。私は、永く残る建築をつくりたい。それは物理的な意味ではなく、人々の心に永く生き続ける建築ということだ。」
安藤忠雄も本展の開催にあたって下記のように語っている。
「建築という仕事は、多くの条件と課題に直面する。その課題をどうやって乗り超えるか、そこで様々な事象との対話が生まれる。私はこの対話によって、どうしたら人々の心の本質に訴える建築を生み出せるかと考えている。答えは一つではなく、プロジェクトによってそれぞれ独自の文脈を読み取らなければならない。これが今日まで半世紀余り取り組んできた私の挑戦である。これからも建築をつくることによって終わりなき挑戦に挑み続けていきたい。」

展覧会情報
展覧会名 Tadao Ando. The Challenge
会期 2019年4月9日~7月28日
会場 アルマーニ / シーロス
住所 Via Bergognone, 40 – Milan
会場デザイン&監修 安藤忠雄建築展実行委員会、ポンピドゥー・センター
キュレーション 安藤忠雄建築展実行委員会、Frederic Migayrou、YUKI Yoshikawa
問い合わせ先 ジョルジオ アルマーニ ジャパン PR&コミュニケーションズ03-6274-7060
HP www.armani.com

【関連記事】
闘い続ける建築家、安藤忠雄インタビュー

share