Gucci
pre-fall 2019 advertising campaign paying homage to ancient greece

古代ギリシャの神殿を舞台にした Gucci (グッチ) 2019年プレフォール コレクションの広告キャンペーンが公開

Gucci pre-fall 2019 advertising campaign paying homage to ancient greece
Gucci pre-fall 2019 advertising campaign paying homage to ancient greece
News/

古代ギリシャの神殿を舞台にした Gucci (グッチ) 2019年プレフォール コレクションの広告キャンペーンが公開

Gucci
pre-fall 2019 advertising campaign paying homage to ancient greece

CREATIVE DIRECTOR: Alessandro Michele
ART DIRECTOR: Christopher Simmonds
PHOTOGRAPHER/DIRECTOR: Glen Luchford
HAIR STYLIST: Paul Hanlon
MAKE-UP ARTIST: Thomas De Kluyver

MUSIC: “White rabbit” Jefferson Airplane
Author: Grace Wing Slick
ⓟ 1966 Sony Music Entertainment
© Copperpenny Music / Irving Music, Inc
Italian Editor: Universal Music Italia Srl

クリエイティブ・ディレクターの Alessandro Michele (アレッサンドロ・ミケーレ) が描くコンテンポラリーなフレスコ画。

Gucci (グッチ) が2019年プレフォール コレクションの広告キャンペーンを公開した。撮影は Glen Luchford (グレン・ルッチフォード) が、アート・ディレクターは Chrstopher Simmonds (クリストファー・シモンズ) が手がけている。

毎度壮大な世界観を繰り広げる Gucci が最新キャンペーンの舞台に選んだのは、シチリア島のセリヌンテ考古学公園。セリヌンテは紀元前7世紀後半にシチリア島南西岸に建設された古代ギリシャの都市で、小高い丘の上に9つの神殿を備え、東側の城壁の外にはキャンペーンが撮影されたヘラ神殿を含む3つの神殿があったとされる歴史的なロケーション。キャンペーンでは、神殿の遺跡を背景に折衷的なボヘミアンファッションに身を包んだ若者たちを撮影。カリフォルニアのベニスビーチで見かけるようなハードコアパンク、ローラーブレーダー、ボディビルダー、サーファーといったカウンターカルチャーを彷彿とさせる彼らを主役に、古代に行われていた「シンポジウム」を現代に見事蘇らせている。それはクリエイティブ・ディレクターの Alessandro Michele (アレッサンドロ・ミケーレ) が描くコンテンポラリーなフレスコ画であり、こうした文化遺産の価値や魅力を現代、そして未来の世代に伝えている。

Gucci の公式アプリでは、2019年プレフォール コレクション 広告キャンペーンの世界を体感できるスペシャルコンテンツも登場。キャンペーンに登場した遺跡に立っているようなイメージを作れるデジタルフォトブースやメイキング映像、未公開シーンなども配信中。是非ともキャンペーンの世界観をアプリから楽しんでみてはいかがだろうか。

share