Dior
launches new project "what's lady like?"

「レディライクとは?」いまを生きる多彩な女性たちを起用したディオールの新プロジェクトが始動

Adesuwa Aighewi | © Dior

Dior launches new project "what's lady like?"
Dior launches new project "what's lady like?"
News/

「レディライクとは?」いまを生きる多彩な女性たちを起用したディオールの新プロジェクトが始動

Dior
launches new project "what's lady like?"

時代とともに絶えず進化を続ける Dior (ディオール) のアイコンバッグ「レディ ディオール」。今回メゾンが新たにローンチしたプロジェクト「WHAT’S LADY LIKE?」では、アーティスト、モデル、女優、ダンサー、シンガーなど実に多岐にわたる分野で活躍する魅力的で影響力を持つ女性たちを起用。それぞれが多彩な「レディ ディオール」を持ち、彼女たちの考える”レディライク”について語る動画も公開された。

「WHAT’S LADY LIKE?」プロジェクトでは、メゾンのキャンペーンにも起用された経験を持つモデルの Ruth Bell (ルース・ベル) や Adesuwa Aighewi (アデスワ・アイゲウィ)、Lineisy Montero (リネイシィ・モンテロ) をはじめ、中国出身のモデル兼女優 Angelababy (アンジェラベイビー)、米人気ドラマシリーズ『ヴァンパイア・ダイアリーズ』で知られる Kat Graham (キャット・グラハム)、ギリシャの王女 Maria Olympia (マリア=オリンピア)、そして日本からは中村アンが登場。フォトグラファーは Joan Braun (ジョアン・ブラウン) がつとめている。

クラシックなデザインからアート作品に着想を得たものまで、バリエーション豊かな「レディ ディオール」がフィーチャーされた本プロジェクトで、彼女たちはそれぞれの個性を活かしながら”レディ ライク”を表現。Ruth Bell は自身が初めて参加した Dior のショーについて語り、Angelababy はレディの見本として Audrey Hepburn (オードリー・ヘップバーン) を挙げている。あなたにとっての”レディ ライク”を思い浮かべながら動画を見てみるのも面白いかもしれない。

share