an independent magazine
"study"
launches its latest issue "WHAT’S HAPPENING TO REAL CLOTHING?"

インディペンデントファッションマガジン『STUDY』の最新号がローンチ、ロゴと誌面デザインもリニューアル

『STUDY7』164ページフルカラー/B5変型 ¥2,200

an independent magazine "study" launches its latest issue "WHAT’S HAPPENING TO REAL CLOTHING?"
an independent magazine "study" launches its latest issue "WHAT’S HAPPENING TO REAL CLOTHING?"
News/

インディペンデントファッションマガジン『STUDY』の最新号がローンチ、ロゴと誌面デザインもリニューアル

"study"
launches its latest issue "WHAT’S HAPPENING TO REAL CLOTHING?"

編集者・長畑宏明によるインディペンデントファッションマガジン『STUDY』の最新号『STUDY7』が11月26日より発売。「WHAT’S HAPPENING TO REAL CLOTHING?」というタイトルを掲げた本号は、毎度のことながら豪華なクリエイター陣を揃えて、「リアルクローズの今」を描き出す。

ロゴも誌面デザインも一新され、新たに生まれ変わった『STUDY』最新号は3パターンのカバーでお目見え。Netflix (ネットフリックス) の人気シリーズ「テラスハウス」で一躍注目を集める西野入流佳、東京のシーンを体現するミュージシャンの LISACHRIS (リサクリス)、そして米国のミュージシャン Michelle Zauner (ミシェル・ザウナー) による Japanese Breakfast (ジャパニーズ・ブレックファスト) の3名が起用された。

誌面では、西野入流佳に加え、同じく「テラスハウス」出身の松嵜翔平をフィーチャーしたファッションエディトリアルや人気テレビシリーズ『ブレイキング・バッド』のオマージュ企画、東京に住む20代のワードローブを撮りためたドキュメンタリーなどバラエティ豊かなコンテンツが並ぶ。人気ラッパーの dodo (ドド) や 英国のロックバンド black midi (ブラック・ミディ)、日本を拠点にするパリ発のデザイナー Julien David (ジュリアン・デイヴィッド) 日本人写真家の伊丹豪らのインタビューなど読み物も充実。題府基之、伊丹豪、細倉真弓、湯浅亨、岩渕一輝、E-WAX、佐藤麻優子、金川晋吾、梶雄太ら世代もジャンルも異なる作家たちによる写真にも注目だ。TFPでは、モデルとしても活躍するフォトグラファー、デコウト・ミリが『STUDY』のために撮りおろした写真をエクスクルーシヴにご紹介。

本誌内企画「BOYISH」より。撮影:デコウトミリ

『STUDY7』は、11月26日(火)より PORTER OMOTESANDO (ポーター オモテサンドウ)、11月30日(土)よりオンラインストアと全国の書店にて発売スタート。全国リリース前日の11月29日(金)には渋谷の「Megan – bar & patisserie」にて刊行記念イベントが開催され、編集長の長畑宏明、松嵜翔平、若手スタイリストのシュンサクの3名によるトークイベントや LISACHRIS のライブが予定されているので、お見逃しなく。

Megan – bar & patisserie

share