GYRE
opens new restaurant space "gyre.food"

テーマは”循環”、表参道のジャイルがレストランフロアをリニューアルオープン

GYRE opens new restaurant space "gyre.food"
GYRE opens new restaurant space "gyre.food"
News/

テーマは”循環”、表参道のジャイルがレストランフロアをリニューアルオープン

GYRE
opens new restaurant space "gyre.food"

2007年に著名なオランダの建築家グループ MVRDV のデザインによりオープンした GYRE は、東京屈指のショッピングエリアである表参道の一等地から常に魅力的なコンテンツを発信してきた。コンセプトは、「世の中で起きていることを意識しながら暮らす」という意味を込めた「SHOP & THINK」。2020年1月、GYRE のレストランフロアがこの「SHOP&THINK」を根底にワンフロアー・ワンコンセプトを軸にした「GYRE.FOOD」として生まれ変わる。

1000㎡の空間がひろがる「GYRE.FOOD」は“循環”をテーマに、メゾン、オールデイ・ダイニング、バー、グロサリーショップ、イベント・スペースを全て一体に設置。空間、全体のコンセプトを手がけたのは、GYRE の総合ディレクターであり HiRAO INC (ヒラオ インク) 代表の平尾香世子と明治神宮前の古民家にオープンした「restaurant eatrip」などを手がける料理人の野村友里。現場のディレクションは、新宿ゴールデン街のレモンサワー専門店「THE OPEN BOOK」を手掛けたことでも知られる田中開。レストランのフードディレクションは、パリで修行し銀座「ESqUISSE (エスキス)」でスーシェフとして腕を磨いてきたーシェフとして腕を磨いてきた信太竜馬。空間の設計は、フランスを拠点に活動する建築家の田根剛が手がけている。

オールデイ・ダイニングの「EUREKA (ユーリカ)」、バーの「fünklein (フュンクライン)」、グロッサリー&シードクラブの「eatrip soil (イートリップ ソイル)」は11月30日よりすでにオープン。メゾン「élan (エラン)」は1月10日にオープンを予定している。

share