Japan premiere of Alexandre Desplat's chamber opera
'Silence'
in Jan 2020

ヴァレンティノのピエールパオロ・ピッチョーリが衣装担当、川端康成『無言』原作のオペラが1月日本初演

Japan premiere of Alexandre Desplat's chamber opera 'Silence' in Jan 2020
Japan premiere of Alexandre Desplat's chamber opera 'Silence' in Jan 2020
News/

ヴァレンティノのピエールパオロ・ピッチョーリが衣装担当、川端康成『無言』原作のオペラが1月日本初演

Japan premiere of Alexandre Desplat's chamber opera
'Silence'
in Jan 2020

2019年に生誕120周年を迎えた小説家・川端康成の短編小説『無言 (サイレンス)』にインスピレーションを受けた室内オペラ「サイレンス」が2020年1月に日本初演を迎える。音楽・指揮は、映画『グランド・ブダペスト・ホテル』(2014)、『シェイプ・オブ・ウォーター』(2017) などで知られる注目作曲家 Alexandre Desplat (アレクサンドル・デスプラ)。彼による初のオペラ作品だ。

日本にもファンの多い現代音楽アンサンブル「Ensemble Lucilin (アンサンブル・ルシリン)」による演奏、Valentino (ヴァレンティノ) のクリエイティブディレクター Pierpaolo Piccioli (ピエールパオロ・ピッチョーリ) が手がける衣装、フランスで活躍する永田鉄男が撮影監督を務めた映像と、これまでにないスペシャルなコラボレーションが実現している本作。2019年2月にルクセンブルクで世界初公演、3月にパリでの初演を経て、2020年1月の待望の日本初演は、京都と横浜でそれぞれ1回ずつの上演。既存の枠組みを超えた新しいオペラ、ぜひ体験してみたい。

share